[市場動向]

企業はなぜBYODに踏み切るのか

2013年4月9日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

BYODをどう捉えるか 企業に持ち込まれたスマートデバイスを業務に利用させるか。一言で表すと、たったそれだけのことだが、いざ検討を始めると、クラウドやビッグデータに勝るとも劣らない奥深さを持つことが分かる。単なるコスト削減の手段として捉えると、本質を見誤る。改めてその意義を整理する。

スマートデバイスの普及に伴い、にわかに注目を集める「BYOD(Bring Your Own Device)」。個人所有のスマートフォンやタブレットから業務データにアクセスさせるべきか。頭を悩ませた読者も少なくないはずだ。各企業は、現時点でどのような判断を下したのか。今回の特集に合わせ、本誌の調査によれば、「BYODを禁止している」と回答した読者が51%で最多。「方針を決めていない」が23%で続く。「BYODを許可している」と回答したのは全体の14%。「検討中」を合わせても全体の2割程度に留まった。

米シスコが2012年に実施した調査では、対象となった米国企業の95%の企業がBYODを許可していると回答しており、国内外の差が際立つ。

セキュリティから人事まで多岐にわたるBYODの取り組み

BYODは使い慣れたデバイスを使って、仕事の効率を高めようとする行為。企業にとってみれば、推進すべきものであるはずだ。それにもかかわらず、企業にBYODを思いとどまらせているものは何か。最大の要因は、セキュリティリスクだ。今回のアンケートでも、80.8%が理由として挙げている。

業務データを扱う以上、セキュリティの確保は大前提。しかし、会社支給の場合と同様に、ツールを導入したり、機能を制限したりするのは難しい。従業員のプライバシーの問題もあるため、利用状況の把握にも限界がある。こうした負担を考えると、会社支給に傾くのもムリはない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2

企業はなぜBYODに踏み切るのかBYODをどう捉えるか 企業に持ち込まれたスマートデバイスを業務に利用させるか。一言で表すと、たったそれだけのことだが、いざ検討を始めると、クラウドやビッグデータに勝るとも劣らない奥深さを持つことが分かる。単なるコスト削減の手段として捉えると、本質を見誤る。改めてその意義を整理する。

PAGE TOP