[インタビュー]

EMCが開講する「データサイエンティスト育成コース」の中身と狙い

2013年4月11日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IT業界で“最もセクシーな職種”とも言われ始めた「データサイエンティスト」。2018年までに150万人が不足するという報告など、とかく話題が先行しがちだが、その人材像は今1つピンと来ない。どんなスキルや素養を持つことが求められいるのか。リファレンスの1つとして、EMCが2012年5月から開講している「データサイエンティスト育成コース」に着目してみた。実施内容や狙いについて担当者に聞く

育成コースのコンサルタントを担当するEMCジャパンの浜野崇氏
育成コースのコンサルタントを担当する
EMCジャパンの浜野崇氏

データサイエンティストの育成コースを始めたのが2012年5月ですね。これまでは、どんな方が参加されているのですか?

浜野: 2013年3月時点で7回開講し、60人以上に参加いただきました。当初は、パートナー企業や、コンサルティング会社の方が多かったのですが、最近ではユーザー企業からの参加も増えています。特に、目立つのが通信、金融系ですね。職種でいえば、業務部門とIT部門が半分ずつ。マーケターから、データベース管理者までいらっしゃいます。年齢は、30歳前後のいわゆる若手が中心ですね。

浜野: 経営層などからビッグデータの活用方法を模索するよう指示を受け、その端緒を掴むため、受講しにこられるケースが多いようです。

コースの内容を教えてください。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

EMCが開講する「データサイエンティスト育成コース」の中身と狙いIT業界で“最もセクシーな職種”とも言われ始めた「データサイエンティスト」。2018年までに150万人が不足するという報告など、とかく話題が先行しがちだが、その人材像は今1つピンと来ない。どんなスキルや素養を持つことが求められいるのか。リファレンスの1つとして、EMCが2012年5月から開講している「データサイエンティスト育成コース」に着目してみた。実施内容や狙いについて担当者に聞く

PAGE TOP