[インタビュー]

ビッグデータ分析に“スーパー”なデータサイエンティストは要らない

2013年4月12日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

データ分析の専門家は、データサイエンティストという言葉をどうとらえているのか。データ分析の専門家集団 ブレインパッドの草野隆史 代表取締役に話を聞いた。

ブレインパッドの草野隆史 代表取締役
ブレインパッドの草野隆史 代表取締役

データサイエンティストという言葉をよく耳にするようになりました。データ分析を専門に手がけてこられた立場からはこうしたトレンドをどう見ていますか?

草野: 正直、ちょっと戸惑っています。なにせ定義が曖昧ですから。具体的にどんなスキルセットを備えた人材なのかがよくわからない。数理統計やビジネスの知識を挙げる人もいれば、データ分析をする人=データサイエンティストと考えている人もいます。

 いざ、データサイエンティストを採用しようとなった時、「具体的にどんなスキルセットを備えた人材なんでしたっけ?」ということになりそうですよね。イメージを共有していない状況で、こんなに盛り上っているのはちょっと不思議だなと率直に思います。

 とはいえ、うちも人事部が「データサイエンティスト候補」と銘打って、募集を掛けたりしていますから、あまり強いことは言えないんですが(笑)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

ビッグデータ分析に“スーパー”なデータサイエンティストは要らないデータ分析の専門家は、データサイエンティストという言葉をどうとらえているのか。データ分析の専門家集団 ブレインパッドの草野隆史 代表取締役に話を聞いた。

PAGE TOP