[シリコンバレー最前線]

データセンター業界に変革をもたらすFacebook―シリコンバレー最前線

2013年4月12日(金)

オープン化の波は、ハードウェアにも押し寄せている。2011年4月、Facebookが自社のデータセンター設備をつまびらかにしたのを端緒に、ベストプラクティスに基づきハードウェアの標準仕様を策定しようという機運が高まった。すでに、エンジニアが草の根レベルで議論を重ねた成果が現れはじめた。

ソフトウェアの分野では、オブジェクト指向やSOAの普及によって、異なる製品間の移植性や相互運用性が実現されてきた。さらにWebAPIが公開されるようになり、データ交換も一段と進化しつつある。

ところが、ハードウェアの分野は旧態依然としたままだ。命令セットや通信プロトコルなどの要素技術に関しては業界標準があるものの、完成品のレベルでの互換性はまだ確保されておらず、各社独自の仕様を固持しているのが実情である。例えば、サーバーの同一マザーボード上にIntelチップとAMDチップを混在させることはできない。電源ユニットのサイズもまちまちである。ディスクドライブを収容するシャーシの形状も、メーカーによって異なる。

ハードウェアの集積であるデータセンターも然り。近年のクラウドブームに乗り、データセンターやクラウドサービス事業者はデータセンターの新増築に巨額を投資している(表1)が、その仕様は事業者ごとにばらばら。各社各様のラックを並べ、サーバーを装填して構成している。設計や運用の詳細は秘密に閉ざされている。そうした現状にくさびを打ち込んだのがFacebookである。

運用開始 ベンダー 所在地 データセンターの床面積 建設費
2007 Google アイオワ州 1万350m² 9億ドル
Apple ノースカロライナ州 45万m² 10億ドル
2009 Microsoft アイルランド 2万7000m² 5億ドル
2011 Facebook オレゴン州 2万9970m² 2億1000万ドル
建設中 Apple オレゴン州 3万1400m² 6800万ドル
表1 主要ベンダーが近年建築したデータセンターの概要

同社は米国に3つ、スウェーデンに1つのデータセンターを運用している。それらの総床面積は16万8000平方メートル。総消費電力は90メガワットに上る。10億人に上るユーザーの書き込みや画像を預かる同社にとって、データセンターは事業の根幹である一方で、最大のコスト要因でもある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

データセンター業界に変革をもたらすFacebook―シリコンバレー最前線オープン化の波は、ハードウェアにも押し寄せている。2011年4月、Facebookが自社のデータセンター設備をつまびらかにしたのを端緒に、ベストプラクティスに基づきハードウェアの標準仕様を策定しようという機運が高まった。すでに、エンジニアが草の根レベルで議論を重ねた成果が現れはじめた。

PAGE TOP