[中国電脳事情]

中国企業のクラウド関連支出、2013年は120億元規模に?

2013年4月17日(水)

中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

今や世界最大のスマホ生産国に
中国版LINE「微信」も急成長

― 解放日報(1/17)

2012年に中国で出荷されたスマートフォンは2億2400万台に達し、世界最大の生産国になった─。これは北京市で開催された「中国インターネット産業年会」で発表された統計値である。

モバイルインターネットはその中国においてもIT産業の構造やユーザーの行動に変化をもたらしている。中国インターネット情報センターによると、2012年末時点でモバイルユーザー数は4億2000万人。ネットユーザー全体に占める比率は74.5%に及んでいる。ユーザー数や端末普及率、使いこなすスキルの向上などを含め、2012年は市場全体が猛烈な成長を示した。

中でも注目されるのが、中国版LINEとも言える「微信(ウェイシン)」というアプリ。そのユーザー数は短期間のうちに2億人を突破し、伝統的な電話やSMSにとって強烈なライバルになりつつある。2015年、中国のモバイルインターネット規模は4296億元に、アクティブユーザー数は8億人に達するだろうとの予測を示した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

中国企業のクラウド関連支出、2013年は120億元規模に?中国の主要メディアの報道から、中国国内のIT・テクノロジー関連の最新動向をご紹介する、中国電脳事情。1カ月間に報道された中国国内の主要なニュースを取り上げる。

PAGE TOP