[韓国ICT事情]

「創造経済の核心は科学技術とIT」韓国の朴・新大統領が表明

2013年4月17日(水)

ICT分野の焦点は「ビッグデータ」韓国情報化振興院が調査結果を公表

デジタルタイムズ | 2013.02.07

2013年のICT分野の焦点はビッグデータ─。2月7日、韓国情報化振興院(情報化を推進する国家機関)は、こんな調査結果を発表した。調査は2012年11月に政府および公共機関、学界、産業界などのIT専門家100名に対しオンラインで実施。1位がビッグデータ、2位がクラウド、3位がSNS、4位がセキュリティの順になった。

ビッグデータを1位に挙げたのは、公共機関関係者が77.8%、産業界関係者は51.3%。同院はこの差を「ビッグデータの可能性は高いが、まだ成功事例が少ないことが原因である」と分析した。同時にクラウドとのシナジー効果や激しい競争により、新しいビジネスモデルの創出が期待されると予想している。

一方で「IT企業はビッグデータ関連ビジネスの発掘だけではなく、グローバル市場での主導権確保に向け、ビッグデータ戦略を確立すべき」とも指摘した。そして政府の積極的な支援が必要な項目として、ビッグデータ、セキュリティ、エコIT、クラウド、スマートヘルスITを挙げた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

「創造経済の核心は科学技術とIT」韓国の朴・新大統領が表明

PAGE TOP