[技術解説]

これだけは知っておきたい、7つのストレージ技術

2013年5月3日(金)IT Leaders編集部

仮想化は、ごく最近の技術トレンドととらえがちだが、ストレージにはかなり早期から適用されてきた。物理ディスクを論理的に区分けしたり、複数のディスクを束ねて論理ボリューム(1つの管理単位)を形成するといった手法はその一例だ。冗長性確保の文脈で語られることの多いRAIDにしても、技術的には仮想化そのものである。

物理ディスクをまとめるところから始まったストレージ仮想化は、時代とともに上位レイヤーへと適用が進んだ。以前、サーバーとストレージは1:1で紐付いていた。複数のサーバーに付属するストレージの未使用領域を合算するとかなりの容量になってムダが多い。バックアップなど運用の手間も負担になる。そこでサーバーからストレージを切り離し、複数のシステムで共用する取り組みが進んだ。SANの登場には、こうした背景がある。

仮想化の適用は定番
実用期に入るSSDも影響大

ITが事業活動の隅々に浸透するにつれ、企業がハンドリングするデータの種類はログデータや音声、動画など多様になり、量も膨れ上がった。何しろ現在、1日に生み出されるデータは2.5エクサバイト(10の18乗、100京バイト)。西暦2000年までに記録されたデータの総量が12エクサバイトといわれるので(米カリフォルニア大の調査)、すさまじさが分かる。

その勢いは今後さらに加速する。だからストレージにはさらなる弾力性や拡張性が求められる。運用はできるだけ楽をしたいという条件付きだ。こういった背景があってHDDを基本とするストレージ技術は今も日々、進化している(仮想化を中心とした技術動向の詳細はhttp://www.snia.org/sites/default/files/sniavirt.pdfに詳しい、図3-1)。

図3-1 ストレージは様々な領域と実装方法で仮想化が進んできた。地色は最近の注目分野
図3-1 ストレージは様々な領域と実装方法で仮想化が進んできた。地色は最近の注目分野
出典:SNIA Techinical Tutorial “Strage Virtualization”を元に編集部が作成

一方、よりすさまじい勢いで進化しているのが、半導体技術をベースにしたSSDである。パート1でガートナーの鈴木氏も指摘しているようにエンタープライズ用途で使えるSSDが実用期に差し掛かってきたことは、ITインフラのデザインに大きく影響を与えそうだ。システムの性能を語る時に、必ずといっていいほど、ハードディスクのI/Oスピードの限界が取り沙汰されてきたのは周知の通りだからである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
関連記事

これだけは知っておきたい、7つのストレージ技術仮想化は、ごく最近の技術トレンドととらえがちだが、ストレージにはかなり早期から適用されてきた。物理ディスクを論理的に区分けしたり、複数のディスクを束ねて論理ボリューム(1つの管理単位)を形成するといった手法はその一例だ。冗長性確保の文脈で語られることの多いRAIDにしても、技術的には仮想化そのものである。

PAGE TOP