[技術解説]

これだけは知っておきたい、7つのストレージ技術

2013年5月3日(金)IT Leaders編集部

仮想化は、ごく最近の技術トレンドととらえがちだが、ストレージにはかなり早期から適用されてきた。物理ディスクを論理的に区分けしたり、複数のディスクを束ねて論理ボリューム(1つの管理単位)を形成するといった手法はその一例だ。冗長性確保の文脈で語られることの多いRAIDにしても、技術的には仮想化そのものである。

物理ディスクをまとめるところから始まったストレージ仮想化は、時代とともに上位レイヤーへと適用が進んだ。以前、サーバーとストレージは1:1で紐付いていた。複数のサーバーに付属するストレージの未使用領域を合算するとかなりの容量になってムダが多い。バックアップなど運用の手間も負担になる。そこでサーバーからストレージを切り離し、複数のシステムで共用する取り組みが進んだ。SANの登場には、こうした背景がある。

仮想化の適用は定番
実用期に入るSSDも影響大

ITが事業活動の隅々に浸透するにつれ、企業がハンドリングするデータの種類はログデータや音声、動画など多様になり、量も膨れ上がった。何しろ現在、1日に生み出されるデータは2.5エクサバイト(10の18乗、100京バイト)。西暦2000年までに記録されたデータの総量が12エクサバイトといわれるので(米カリフォルニア大の調査)、すさまじさが分かる。

その勢いは今後さらに加速する。だからストレージにはさらなる弾力性や拡張性が求められる。運用はできるだけ楽をしたいという条件付きだ。こういった背景があってHDDを基本とするストレージ技術は今も日々、進化している(仮想化を中心とした技術動向の詳細はhttp://www.snia.org/sites/default/files/sniavirt.pdfに詳しい、図3-1)。

図3-1 ストレージは様々な領域と実装方法で仮想化が進んできた。地色は最近の注目分野
図3-1 ストレージは様々な領域と実装方法で仮想化が進んできた。地色は最近の注目分野
出典:SNIA Techinical Tutorial “Strage Virtualization”を元に編集部が作成

一方、よりすさまじい勢いで進化しているのが、半導体技術をベースにしたSSDである。パート1でガートナーの鈴木氏も指摘しているようにエンタープライズ用途で使えるSSDが実用期に差し掛かってきたことは、ITインフラのデザインに大きく影響を与えそうだ。システムの性能を語る時に、必ずといっていいほど、ハードディスクのI/Oスピードの限界が取り沙汰されてきたのは周知の通りだからである。

何よりも、HDDでは様々なチューニングが欠かせなかった諸問題を、SSDでは一掃できる可能性がある。一部にSSDを採用し自動階層化(これも一種の仮想化技術である)で運用するだけでも、かなりの実効性があるはずだ。

データ量が激増する時代に注目技術への理解を深める

「ビッグデータに対応する」ことの意味は、必ずしも「自社が保有する大量のデータのすべてを対象にして分析・活用すること」を指し示すものではない。むしろ「いつか役立つかもしれないデータも含めて、どんどん蓄えておける環境を用意する」ということに近いものと言えるだろう。「将来、あの時のこんなデータが必要だと分かったとしても、データを取得していなければ何もできない。今はともかく蓄積することが優先であり、技術的にもそれが可能だ」(米大手ネット事業者、eBay)。スケールアウトNASやオブジェクトストレージなどは、そうした観点で存在感が増してくる。

ストレージの巨大な単一リソースプールを用意し、用途やデータタイプ、アクセス方法などを問わず、アプリケーションが必要とする容量を随時提供する─。これが1つの理想だが、今はまだ実現困難。例えば、アクセス速度を重視する基幹業務処理、大量データの分析処理、多種多様な非定型データのアーカイブなどの使途別にストレージを構成するのが、現実解だ。

ではそれぞれの領域でどんな技術が“エマージング”なのか。本パートでは、昨今、動きが活発な技術領域にスポットを当ててトピックを追っていく。

図3-2 “動的最適化”がストレージの理想像
図3-2 “動的最適化”がストレージの理想像
関連記事

これだけは知っておきたい、7つのストレージ技術仮想化は、ごく最近の技術トレンドととらえがちだが、ストレージにはかなり早期から適用されてきた。物理ディスクを論理的に区分けしたり、複数のディスクを束ねて論理ボリューム(1つの管理単位)を形成するといった手法はその一例だ。冗長性確保の文脈で語られることの多いRAIDにしても、技術的には仮想化そのものである。

PAGE TOP