グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[ザ・プロジェクト]

【日本精工グループ】1971年構築の基幹システムを刷新 自社開発パッケージでグローバル統合へ

2013年5月8日(水)

ベアリング(軸受け)生産で国内トップシェアを誇る日本精工。グローバル経営の強化に向けて、1970年代に構築した、基幹系システムの刷新プロジェクトに取り組んでいる。システム構築、運用を担当するNSKネットアンドシステムズにおいて、プロジェクトを牽引する2人に背景を聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

佐竹 等 氏
佐竹 等 氏
NSKネットアンドシステム アプリケーション第一部長
1975年4月、日本精工に入社。オペレーターを皮切りに生産管理システム、管理情報システム、インターネットを活用したBtoBシステムの構築などに携わる。2010年10月より、販売管理システム再構築プロジェクトのIT部門リーダーを務める

増倉 政博 氏

─ 御社の情報システムの歴史が大きな変革期にあるようですね。

佐竹:日本精工が業務にコンピュータを使い始めたのは1971年ですが、それ以来、初めてと言える変革かもしれません。国内外の拠点で使用している、生産管理や生産管理などの基幹システムを順次刷新しています。

増倉: 当社はここ数年、新興国など成長市場でのシェアを拡大するため、「グローバルマネジメント」の強化を図っています。今回の取り組みもその一環。システムを標準化することで、世界各地の生産拠点や販売拠点の状況をリアルタイムに把握し、スピーディな意思決定を下せるようにしたい考えです。

─ 現在の状況は?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

【日本精工グループ】1971年構築の基幹システムを刷新 自社開発パッケージでグローバル統合へベアリング(軸受け)生産で国内トップシェアを誇る日本精工。グローバル経営の強化に向けて、1970年代に構築した、基幹系システムの刷新プロジェクトに取り組んでいる。システム構築、運用を担当するNSKネットアンドシステムズにおいて、プロジェクトを牽引する2人に背景を聞く。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP