[インタビュー]

分析経験ゼロから、NTTぷららがデータサイエンスチームを立ち上げた理由

2013年5月14日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

データ分析人材の不足が指摘される中、情報システム部門主導で、データサイエンティストチームを立ち上げたNTTぷらら。同チームの堀内氏と安達氏に、設立の背景や狙いを聞いた。

データ分析チームを作ったワケ

—データサイエンティストのチームを社内に設立されたと伺いました。

堀内 実は、社内ではデータサイエンティストという言葉は使っていないんですが、システムを担当する技術部門の中に、データ分析の専任チームを置いています。メンバーは、私を含めて6名。当初は、IT部門やマーケティング部門に籍を置いて、本来の業務と掛け持ちしていましたが、今年4月からは分析に専念するようにしました。

NTTぷららの堀内周担当部長(左)と、安達健一郎マネージャー

—そもそも、なんでチームを設立されたのでしょうか?

堀内 データ分析を本格的に考えるきっかけを作ったのは、2008年3月にスタートした「ひかりTV」。フレッツ光回線を使って、自宅のTVで80以上の専門チャンネルや、ビデオ、カラオケなどを配信するサービスです。これをスタートしてから、色々なデータが社内に貯まるようになりました。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
関連記事

分析経験ゼロから、NTTぷららがデータサイエンスチームを立ち上げた理由データ分析人材の不足が指摘される中、情報システム部門主導で、データサイエンティストチームを立ち上げたNTTぷらら。同チームの堀内氏と安達氏に、設立の背景や狙いを聞いた。

PAGE TOP