[インタビュー]

データサイエンスはスキルではなく新しいパラダイムである~慶應大 柴田里程教授

2013年6月12日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

昨今、にわかに注目を集めるデータサイエンス。しかし、その概念自体は1990年代後半から存在している。十数年間にわたって、データサイエンスの重要性を訴えてきた、慶應義塾大学 理工学部の柴田里程教授に話を聞いた。

慶應義塾大学 理工学部
柴田里程教授

―先生は、データサイエンスを教えられていますね。これはどんなものなのでしょうか。

データを研究の対象とする学問です。数学が数を、物理学が物を扱うのと同じように、データを研究します。データに関する疑問を解決し、理解を深め、新たな知見を得る。

データから価値を創造する学問、そう言い換えてもよいかもしれません。そのために、データの収集や蓄積から、分析結果の検証まで、つまり入口から出口まで一連のプロセスを扱います。

―例えば、どんなことをやっているんですか?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

データサイエンスはスキルではなく新しいパラダイムである~慶應大 柴田里程教授昨今、にわかに注目を集めるデータサイエンス。しかし、その概念自体は1990年代後半から存在している。十数年間にわたって、データサイエンスの重要性を訴えてきた、慶應義塾大学 理工学部の柴田里程教授に話を聞いた。

PAGE TOP