[インタビュー]

専門家に師事することが、データ分析官を育成する一番の近道

2013年6月27日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

データサイエンティスト協会の設立や、データ分析に関する勉強会を開催するなど、同テーマで情報発信を続ける、アイアナリシスの代表・倉橋一成氏に同分野の活況について聞いた。

iAnalysis(アイアナリシス)合同会社
倉橋一成 代表・最高解析責任者(CAO) 

―データ分析に注目が集まっています。なぜだと思いますか?

 以前よりも、分析の効果を実感しやすくなったのが大きいと思います。例えば、商品をレコメンドするアルゴリズムを変えたら、売り上げが数%上がったなどという話はよく聞きます。成果が見えるようになると、分析のモチベーションも高まります。

 逆に言えば、これまでは、分析の成果が見えにくかった。例えば、私たちは、お客さんからマーケティングに関するデータを預かって、分析結果をレポートする仕事も手がけていますが、Webサービスなどと比べると、介在する要素が多く、分析の効果がわかりづらい。その分、お客さんの満足を得るのも難しかったのが実情です。

―従来から、製造や流通、エネルギーなどの分野で、計画の最適化を追求するオペレーション・リサーチが実践されてきました。ここでは、統計分析や機械学習が駆使されていますね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

専門家に師事することが、データ分析官を育成する一番の近道データサイエンティスト協会の設立や、データ分析に関する勉強会を開催するなど、同テーマで情報発信を続ける、アイアナリシスの代表・倉橋一成氏に同分野の活況について聞いた。

PAGE TOP