[技術解説]

急がれる事後対策の実践 ただし未然防止策も不可欠

2013年7月15日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

これまでのパートでも述べてきたように、標的型攻撃に代表される最新のサイバー攻撃に対する企業の備えとして、事後対策により力を入れていく必要がある。ただし、従来の未然防止対策もしっかりと行って、事後対策の出番そのものを極力減らすことが重要なのは言うまでもない。以下、近年の脅威の傾向を踏まえてポイントとなってくる技術を取り上げる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

マルウェア対策

急がれる事後対策の実践 ただし未然防止策も不可欠これまでのパートでも述べてきたように、標的型攻撃に代表される最新のサイバー攻撃に対する企業の備えとして、事後対策により力を入れていく必要がある。ただし、従来の未然防止対策もしっかりと行って、事後対策の出番そのものを極力減らすことが重要なのは言うまでもない。以下、近年の脅威の傾向を踏まえてポイントとなってくる技術を取り上げる。

PAGE TOP