[韓国ICT事情]

韓国、住民登録証の紛失申告もモバイルで可能に

2013年7月11日(木)李 東源

現地メディアの報道から、韓国IT業界の最新動向をピックアップしてお届けします。

住民登録証の紛失申告もモバイルで可能に

セキュリティ新聞 | 5月1日

韓国政府は、住民登録証(日本が導入を予定するマイナンバーカードに相当)の紛失申告や大学の卒業証明の申請など、利用率が高い10種類のサービスについて、スマートフォンで利用できるようにする。日本の総務省に相当する安全行政部が5月1日に発表した「民願24モバイルサービス」の改編計画の中で明らかにした。

今回の改編により、スマートフォンで利用できるサービスは10種から20種に増加する。例えば大学卒業生の就業支援では、卒業証明などをモバイルで申請すると、最寄りの大学または住民センターで受領できるようになる。同部の創造政府戦略室長の金ソンリョル氏は、「スマートフォンの利用者は3500万人(本誌注:韓国の人口は約5000万人)を超えた。これからも国民の生活と密接なサービスを発掘し、発展させる計画だ」と語った。

中堅ITサービス企業に朗報
最大規模の公共プロジェクトが発注へ

電子新聞 | 5月2日

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
韓国ICT事情一覧へ
関連記事

韓国、住民登録証の紛失申告もモバイルで可能に現地メディアの報道から、韓国IT業界の最新動向をピックアップしてお届けします。

PAGE TOP