[ザ・プロジェクト]

情報系システムのデータベースをオープンソースソフトで仮想統合—紀陽情報システム

2013年7月16日(火)

和歌山県に本店を置く地銀・紀陽銀行。データの高度活用を目指し、情報系システムのデータベース統合に取り組む。10数年来、データ整備に苦慮してきた同行がたどり着いた結論は、データベースの仮想化という手段だった。プロジェクトを主導した紀陽情報システムの3人に話を聞いた。文中は敬称略。 [聞き手:本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉]

阪本 彰央 氏
阪本 彰央 氏
紀陽情報システム株式会社 代表取締役社長
1975年、紀陽銀行入行。2007年6月に同行取締役を退任し、紀陽ホールディングス取締役 紀陽情報システム取締役副社長に就任。2010年6月より現職

吉川 章 氏
吉川 章 氏
紀陽情報システム株式会社 常務取締役・営業本部長
2007年4月、日本ユニシスより紀陽情報システムへ出向し、執行役員・金融ソリューション室長に就任。2012年4月より現職

冷水 史和 氏
冷水 史和 氏
紀陽情報システム株式会社 営業本部 企画室 室長
1982年、紀陽銀行に入行後、ITの企画・開発プロジェクトの責任者を歴任。2011年4月より、紀陽情報システムに出向。現在に至る

 

紀陽情報システムは、紀陽銀行の親会社である紀陽ホールディングスが、日本ユニシスとの共同出資で設立した情報システム会社。写真は本社オフィス
紀陽情報システムは、紀陽銀行の親会社である紀陽ホールディングスが、日本ユニシスとの共同出資で設立した情報システム会社。写真は本社オフィス

─情報系のデータベースを統合されたと伺いました。

阪本:これまで紀陽銀行は、サブシステム単位で情報系システムを構築してきました。業務ニーズに合わせて、顧客情報や、融資情報、営業情報、経営情報といったシステムを、その都度作ってきたんです。ただ、各システムにデータベースを持たせた結果、データが分散してしまった。それらを今回、データベース仮想化という技術を使って、擬似的に統合しました。といっても、まだ取り組みの途中ですが。

─データ整備はそれこそ20年前から言われていたテーマです。データが「命」の銀行が、なぜ今になって?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

情報系システムのデータベースをオープンソースソフトで仮想統合—紀陽情報システム和歌山県に本店を置く地銀・紀陽銀行。データの高度活用を目指し、情報系システムのデータベース統合に取り組む。10数年来、データ整備に苦慮してきた同行がたどり着いた結論は、データベースの仮想化という手段だった。プロジェクトを主導した紀陽情報システムの3人に話を聞いた。文中は敬称略。 [聞き手:本誌編集長・田口 潤 Photo:陶山 勉]

PAGE TOP