[シリコンバレー最前線]

新しいビジネスを創るのは「ギーク」 インキュベータによる審査会も盛ん

2013年7月17日(水)山谷 正己

米国では毎年、5月25日を「Geek Pride Day(ギークを誇る日)」として、ギーク(奇才)であることを讃え合っている。ギークが新しい時代を切り開いてきたことは間違いない。日本でも次のギークを世に送り出す機会の創出が不可欠だろう。

写真1 Geek Pride Dayを報じるABC Newsサイトのビデオニュース。スターウォーズの衣装を着たギークが、道行く車に手を振っている
写真1 Geek Pride Dayを報じるABC Newsサイトのビデオニュース。スターウォーズの衣装を着たギークが、道行く車に手を振っている。

「Geek Pride Day(ギークを誇る日)」は、映画スターウォーズの第1作『A New Hope』が封切られた1977年5月25日にちなんで設定されている。自らギークと名乗る若者たちが、買い求めたギークグッズ(ギークな衣装や小道具など)を身にまとい、町を練り歩いたりギークパーティーを催したりする。その模様はテレビのニュースで取り上げられるほどだ(写真1)。

ギークはインテリでプロとして成功が容易!?

ギークとは、どんな人たちなのだろうか。米国の大手人材紹介会社Modisが2013年4月に、18歳以上の若者1011人を対象に実施した「ギークプライド調査」によれば、ギークの資質の第1は、テクノロジに強く、好奇心が旺盛であることだ(図1)。また、インテリであり、プロとして成功しやすいとも考えている。つまり米国では、品行方正で生真面目な青白い秀才(Nerd)よりも、常道を逸した鬼才あるいは奇才であるギークであることに好感を持っているのである。

図1 ギーク1000人によるギークの資質 出所:『Geek Pride Day 2013 Survey』2013年5月、米Modis
図1 ギーク1000人によるギークの資質
出所:『Geek Pride Day 2013 Survey』2013年5月、米Modis

当然ながら、新しいものを好む。自らがギークだと認識している若者は、「スマート時計(スマホ機能を持つ時計)」や「スマート眼鏡(グーグルグラスなどスマホとカメラ機能を持つ眼鏡)」が発売されれば「すぐに買う」と答える率が高い(表1)。

表1 『Geek Pride Day 2013 Survey』によるギークの動向(調査対象1011人)出所:『Geek Pride Day 2013 Survey』2013年5月、米Modis
表1 『Geek Pride Day 2013 Survey』によるギークの動向(調査対象1011人)
出所:『Geek Pride Day 2013 Survey』2013年5月、米Modis

こうした背景には、IT業界におけるベンチャーの歴史がある。表2は、新しいビジネスを起業し、世の中を変えてきた主な人物の生年月日と彼らが青春時代(20代)を過ごしたころのIT環境をまとめたものである。これを見れば、青春時代に夢中になったIT環境が、その後の起業の大きな要因となっていることが分かる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連キーワード

VC

関連記事

新しいビジネスを創るのは「ギーク」 インキュベータによる審査会も盛ん米国では毎年、5月25日を「Geek Pride Day(ギークを誇る日)」として、ギーク(奇才)であることを讃え合っている。ギークが新しい時代を切り開いてきたことは間違いない。日本でも次のギークを世に送り出す機会の創出が不可欠だろう。

PAGE TOP