[新製品・サービス]

オラクル、「Oracle SuperCluster T5-8」の国内提供を開始

2013年7月9日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

日本オラクルは2013年7月8日、SPARCプロセサを搭載した垂直統合マシンの最新版「Oracle SuperCluster T5-8」の国内提供を開始した。

写真:Oracle SuperCluster T5-8

Oracle SuperClusterは、特定用途で優れたパフォーマンスを発揮するよう、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて提供する製品シリーズ「エンジニアドシステム」の1つ。旧サン・マイクロシステムズのSPARCプロセサとSolaris OSを搭載しており、従来のSolaris資産を運用できる点が特徴だ。

Oracle SuperCluster T5-8は、2013年4月中旬に発表した最新プロセサ「SPARC T5」を搭載した。同プロセサは、「Software in Silicon」と呼ぶコンセプトを採用。オラクルのソフトウェアを高速化する新機構を備える。データベースやWebサーバー、ERPなどの処理性能向上を見込める。

主に、データセンターの統合や、プライベートクラウドの構築といった用途を訴求する。最小構成価格は6467万4000円。別途、ソフトウェアのライセンス費用が掛かる。

同日、オラクル製ハードウェアの検証センター「オラクル・ソリューション・センター」をリニューアルオープンした。これまで東京都世田谷区用賀に設置していたが、このほど日本オラクル本社が所在するオラクル青山センターに移設した。垂直統合マシンや、ストレージ製品の性能を検証できる。

オラクル、「Oracle SuperCluster T5-8」の国内提供を開始日本オラクルは2013年7月8日、SPARCプロセサを搭載した垂直統合マシンの最新版「Oracle SuperCluster T5-8」の国内提供を開始した。

PAGE TOP