グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[イベントレポート]

「グローバルのIT化は”Think Global、Act Local”が鍵」─CIO賢人倶楽部などがITの役割を考えるセミナー開催

2013年7月19日(金)田口 潤(IT Leaders編集部)

多少の円安傾向にあるとはいえ、経営・事業のグローバル化は加速する一方だし、加速させる必要もある。そんな中、CIOをはじめとするITリーダーは海外拠点を含めた全社の情報化戦略をどう策定し、推進するべきか。そもそも日本だけだったこれまでの情報化に対し、何かを変える必要性、あるいは必然性はあるのか─。  

任意団体のCIO賢人倶楽部、経営とITのコンサルティング会社であるレイヤーズ・コンサルティングは、「復活日本~経営に貢献するITとCIOの役割」と題して、この問題に焦点を当てたセミナーを開催した(写真1、IT Leadersも共催)。講演では、「”Think Global、Act Local”という姿勢が欠かせない」、「日本企業に欠けているのは、海外の事業会社が納得できる一貫したITポリシーや、技術/プロセス標準」、「CIOの役割はIT自体やそれを生かしたコスト削減から、経営価値の創出やイノベーティブな事業創造に変わっていく」といった、示唆に富む指摘があった。

【写真1】

基調講演には、日本たばこ産業(JT)の引地久之IT部長が登壇した。周知の通り、かつて情報システムを全面アウトソーシングしていたJTは、2008年頃から自社主導に転換。外部のIT企業との二人三脚によるプライベートクラウドの構築をはじめ、システムの標準化、簡素化、全体最適化、それにグローバル化に取り組んできた(図1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「グローバルのIT化は”Think Global、Act Local”が鍵」─CIO賢人倶楽部などがITの役割を考えるセミナー開催多少の円安傾向にあるとはいえ、経営・事業のグローバル化は加速する一方だし、加速させる必要もある。そんな中、CIOをはじめとするITリーダーは海外拠点を含めた全社の情報化戦略をどう策定し、推進するべきか。そもそも日本だけだったこれまでの情報化に対し、何かを変える必要性、あるいは必然性はあるのか─。  

PAGE TOP