[技術解説]

ビジネスを支えるデータセンターに向けた日本発OSS「Wakame-vdc」の挑戦

2013年8月7日(水)山崎 泰宏

ビジネスの変化に追随できるITの実現においては、より柔軟なプラットフォーム環境が求められる。その代表がクラウドだ。クラウド環境を実現するためのソフトウェア群の開発競争にも拍車がかかる。OpenStackやCloudStackなどだ。同分野に、日本発のOSSである「Wakame-vdc」も挑戦している。

Wakameプロジェクトにおいて、データセンターの内部で増え続けるサーバーなどのITリソースを、効率よく管理するために開発されているソフトが「Wakame-vdc」である。管理するITリソースには、ネットワークやストレージなども含む。

Wakame-vdcは、これらITリソースの管理を容易にするだけでなく、一部を切り出すことでマルチテナント化を実現する。LGPL v3に則ったOSS(オープンソースソフトウェア)として、最初のバージョンは2010年4月にリリースされた。現在は、2013年度下期に向けて最新版の開発が進んでいる。

DCの可搬性がDevOpsを支える

Wakame-vdcのvdcは、「VDC(Virtual Data Center:仮想データセンター)」の略である。私達は日常的に仮想化技術の恩恵を受けている。例えば仮想マシンだ。ハードウェアに依存しない仮想マシンは、複製や移動により好きなハードウェア上で動作させることができる。マシンの高いポータビリティ(可搬性)がもたらされた。

VDCでは、仮想マシンで起こったことが、データセンターで起こる。仮想化されたデータセンターは、複製したり移動させたりして、好きなデータセンター上で動作させることが可能になる。データセンター非依存になったVDCには、高いポータビリティが与えられるだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

ビジネスを支えるデータセンターに向けた日本発OSS「Wakame-vdc」の挑戦ビジネスの変化に追随できるITの実現においては、より柔軟なプラットフォーム環境が求められる。その代表がクラウドだ。クラウド環境を実現するためのソフトウェア群の開発競争にも拍車がかかる。OpenStackやCloudStackなどだ。同分野に、日本発のOSSである「Wakame-vdc」も挑戦している。

PAGE TOP