CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[市場動向]

IT部門は作るべきシステムが変革したことを認識せよ

2013年8月9日(金)入江 宏志

ハードやソフトなどテクノロジにかかる費用が、ここ10年横ばいであるのに対し、システムの開発費は減少し、運用費は8倍に増えている。それでも業務が破綻しないのは、社内に要件があるシステムは、ほぼ作り尽くしたことの表れだ。今後は、要件が見えづらいシステムの構築に乗り出さねばならない。 [ディメンションデータジャパン シニアEAコンサルタント 入江 宏志]

 コンピュータが企業情報システムに利用されるようになってからの50年間、世界中のIT部門やITベンダーは、「デマンド・ドリブン型」のシステムを開発・運用してきた。デマンド・ドリブン型とは、利用者の要求(デマンド)が決まっており、その要求に沿って決定したルールに基づいて動作する仕組みである。

 例えば、「喉が渇いた」という要求に対し、自動販売機のボタンを押せば商品が出る仕組みや、「現金で買い物をしたい」という要求に対し、ATM(現金自動預け払い機)で「1」と「万」のボタンを押せば1万円が引き出せる仕組みである。

 デマンドと、それに対する仕組みが分かっているので、アプリケーションは作りやすいものの、ビジネスルールとコンピュータロジックが分離されない。アプリケーションとしてのロジックが、if-then-else型またはcase x型でプログラミングされる。システムは、開発者の経験やスキルなどに依存し、俗人的な要素を内在してしまう。しかし、こうしたシステム群は、過去50年で作り切っており、ニーズは枯渇しているのが現実である。

デマンドが定義しづらい時代に突入

 これに対し、「イベント・ドリブン型」のシステムが存在する。デマンドは決まっておらず、イベント(単なる事象)に基づいて動作する仕組みである。冒頭の例でいえば、「喉が渇いた」というデマンドではなく、自販機の前をただ通りかかった人に対し、年代や性別、気温・湿度などをモニタリングし、その人に見合っているであろう商品を提案する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】クラウドの売りは「安さ」と「早さ」
  • 1
  • 2
関連記事

IT部門は作るべきシステムが変革したことを認識せよハードやソフトなどテクノロジにかかる費用が、ここ10年横ばいであるのに対し、システムの開発費は減少し、運用費は8倍に増えている。それでも業務が破綻しないのは、社内に要件があるシステムは、ほぼ作り尽くしたことの表れだ。今後は、要件が見えづらいシステムの構築に乗り出さねばならない。 [ディメンションデータジャパン シニアEAコンサルタント 入江 宏志]

PAGE TOP