[マーケティング志向で行こう!]

ソーシャルメディアを使った情報発信、押さえておきたい5つのコツ

2013年8月9日(金)加藤 恭子(ビーコミ)

TwitterやFacebook、最近ではLINEが話題となり、企業の「公式アカウント」もすっかり定着した感のあるソーシャルメディア。今回は、アカウントを運用し情報発信する側の視点から主な留意点をまとめてみたいと思います。

TwitterやFacebook、最近ではLINEが話題となり、企業の「公式アカウント」もすっかり定着した感のあるソーシャルメディア。もっとも、まだ取り組んでいない企業には「疲弊しそう」「炎上が怖い」「上司に理解してもらえない」といった“壁”があるようです。以前、閲覧する側の視点で少し触れましたが、今回は、アカウントを運用し情報発信する側の視点から主な留意点をまとめてみたいと思います。

①メリットとリスクを明確にする

最初に立ちはだかるのが「上司に理解してもらえない問題」です。ソーシャルメディアにあまり詳しくない上司の多くは「何かあったらどうする?」「他社はどうしている?」をとても気にします。そこで一案ですが、ソーシャルメディアをうまく活用している企業の使い方や効果、リスクへの対策などを一覧にして上司に見せてはいかがでしょうか。メリットとリスクが共にはっきり伝われば、上司もきっと納得してくれることでしょう。

②着飾らない・盛らない

公式アカウントを始めたばかりの頃は、「我が社の良いところをたくさん見せなくては」と、つい力が入りすぎてしまいがちです。有名人と社長の握手、洗練されたオフィスの雰囲気、“美人広報”の満面の笑顔など、実際にそうならもちろん結構なことですが、無理矢理感がフォロワー側に透けて見えてしまうと逆効果です。好感度の高い公式アカウントはたいてい、等身大の姿をベースに少しだけ「よそいき」の装いで顧客や将来の顧客と接しています。

例えば、SAPジャパンのFacebookページは企業IT系では珍しく、「中の人」(公式アカウントの担当者)の顔の見える、個性的な内容となっています。経費精算クラウドのコンカーも、製品紹介と担当者の出張などの出来事をうまく絡めていて支持されているようです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
マーケティング志向で行こう!一覧へ
関連記事

ソーシャルメディアを使った情報発信、押さえておきたい5つのコツTwitterやFacebook、最近ではLINEが話題となり、企業の「公式アカウント」もすっかり定着した感のあるソーシャルメディア。今回は、アカウントを運用し情報発信する側の視点から主な留意点をまとめてみたいと思います。

PAGE TOP