[製品サーベイ]

メインフレーム最新事情(海外編) クラウド対応やモバイル連携を加速

2013年9月17日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

「月額使用料は数百万円から」が相場のメインフレーム市場にあって、日本IBMが買取価格を790万円からにした製品を発表した。ビッグデータ処理やモバイル連携などにも対応し、クラウドの高可用性基盤としての地位確立を目指す。他社を含め、メインフレームの最新事情を調べた。以下では、日本IBMと日本ユニシスの海外ベンダーの製品を紹介する。

日本IBM:マルチOSの一元管理で運用管理費削減を強調

 日本IBMがメインフレームの最新機種「IBM zEnterprise BC12(以下、zBC12)」を2013年9月21日から出荷する。13年中は処理能力が50MIPS(百万命令処理/秒)の最小構成機種を買い取り価格790万円(税別)で販売する。日本のメインフレーム市場の相場が、「OS込みの月額使用料が数百万円から」という中で、同社の独自メインフレームOS「z/OS」の月額利用料、約50万円を加えても、まだ“破格”だと言える(表)。

表:日本で販売されている主なメインフレームの最新機種または旗艦機種の主な仕様

 日本IBMのマーティン・イェッター社長は、7月24日に開いたzBC12の発表会において、「世界市場ではIBMのメインフレーム事業は伸びている。顧客は、可用性、信頼性、セキュリティ、そして拡張性を求めているからだ。zEnterpriseは、こうした顧客ニーズに対応した新しい価値を安価に提供する“プレミアム製品”だ」と強調した。

 zBC12は、中・小型に分類されるメインフレームで、12年8月に発表した旗艦機種「zEnterprise EC12(以下zEC12)」の拡張性を抑えたエントリー機になる(図1)。アーキテクチャや動作するOS、利用できる機能などは基本的に共通だ。CPUは、専用の64ビットCMOSプロセサで、同社のUNIXサーバー用プロセサ「POWER」と製造技術を共有している。動作周波数はzEC12が5.5GHz、zBC12は4.2GHzである。

図1:米IBMの最新メインフレーム「zEnterprize BC21」(スケルトン表示)と、
同機種を含む同社の全プラットフォームが採用する「Fabric based Architecture」
の概念

 zEnterpriseは、「チャネル」と呼ぶI/O処理特化の専用プロセサや仮想記憶によるメモリー空間の拡大など、限られたコンピュータリソースでもアプリケーションを動作させるための仕組みを持っている。既存アプリケーションを継続して稼働させるだけなら、プロセサ数やメモリー容量を大きくする必要性は低い。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

メインフレーム最新事情(海外編) クラウド対応やモバイル連携を加速「月額使用料は数百万円から」が相場のメインフレーム市場にあって、日本IBMが買取価格を790万円からにした製品を発表した。ビッグデータ処理やモバイル連携などにも対応し、クラウドの高可用性基盤としての地位確立を目指す。他社を含め、メインフレームの最新事情を調べた。以下では、日本IBMと日本ユニシスの海外ベンダーの製品を紹介する。

PAGE TOP