[技術解説]

儲かる企業のサプライチェーンはここが違う

2013年9月13日(金)渡邊 浩彰

グローバル企業はサプライチェーンを構築/強化するにあたり、何に課題意識を持ち、重視しているのか。PwCが世界のグローバル企業を対象に調査した「グローバル・サプライチェーン・サーベイ2013」をもとに、日本企業が取り組むべき課題を考察する。

サプライチェーンの高度化が納期遵守率向上や利益に寄与

 

 本調査は、グローバル企業のサプライチェーンの状況や課題を明らかにすることを目的にしている。調査対象は、欧州、北米、アジア地域の500超のグローバル企業で、規模や業種は問わない。回答者は主にサプライチェーンの責任者となる。

 回答企業を「サプライチェーン先進企業」(上位20%)と「サプライチェーン後進企業」(下位20%)に分類している。これは、両者のパフォーマンスを比較することで、サプライチェーン先進企業の成功要因を探るためだ。以下、主要な調査結果をまとめた。サプライチェーン先進企業の取り組みや効果を見ていこう。

 サプライチェーン先進企業と後進企業の、納期遵守率、在庫回転率、支払金利前税引前利益(EBIT)を比較した結果が図1だ。

 先進企業は納期遵守率が96%であるのに対し、後進企業は79%に留まる。一方、年間の在庫回転率は先進企業が15で、後進企業は4となっている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
関連記事

儲かる企業のサプライチェーンはここが違うグローバル企業はサプライチェーンを構築/強化するにあたり、何に課題意識を持ち、重視しているのか。PwCが世界のグローバル企業を対象に調査した「グローバル・サプライチェーン・サーベイ2013」をもとに、日本企業が取り組むべき課題を考察する。

PAGE TOP