[新製品・サービス]

国内SMB向けクラウド市場は2013年夏に1680億円、米パラレルス調査

2013年9月27日(金)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

仮想化と自動化のためのソフト開発や、それらを使ったサービス事業者向けプラットフォームを展開する米パラレルスの日本法人は2013年9月27日、日本の中堅・中小企業(SMB)を対象にしたクラウド・サービスの市場について自社調査した結果として、2013年夏時点の市場規模が前年比25%増の1680億円に達したと発表した。市場は拡大基調にあるとして同社は、日本市場におけるサービス事業者向けビジネスを加速したい考えだ。

米パラレルスのバーガー・スティーンCEO(最高経営責任者)

 パラレスが発表した『Parallels SMB Cloud Insights 日本版』2013年版は、従業員数が1~250人の中堅・中小企業600社を対象に同社が独自に調査したもの。前年の調査と比較し、ホスティング・サービスからクラウド・サービスへの移行が進んでおり、その結果として市場規模は前年比25%増の1680億円に達したとする。

 1680億円の内訳は、ビジネス・アプリケーションが690億円で最も多く、前年比で32%伸びたという。同分野や今後も成長が続くと予想する。それにIaaS(Infrastructure as a Service)が同13%増の460億円、WebプレゼンスおよびWebアプリケーションが同23%増の450億円で続く。残りは、ホスト型コミュニケーションおよびコラボレーションの72億円だが、成長率は前年比43%増と最も高かった。

 同調査は、こうした成長傾向は、よりアプリケーション重視で成長するとみる。2016年に向けて、ビジネス・アプリケーションは年平均成長率21%で伸び1240億円になるという。IaaS(Infrastructure as a Service)は同4%以上で520億円に、WebプレゼンスおよびWebアプリケーションは同8%の570億円に、ホスト型コミュニケーションおよびコラボレーションの同35%以上で成長し220億円に、それぞれ拡大すると予測する。

 市場拡大の背景として同調査は、1社で利用するアプリケーションの増加を挙げる。2009年にはWebホスティングなど平均1つのサービスしか利用していなかったSMBが2013年には2.5個になり、2016年には5.1個に増えるという。米本社のCEO(最高経営責任者)であるバーガー・スティーン氏は、「SMBにとって、クラウドの技術的な仕組みやIaaSといったインフラは興味の外にある。いかに自社に必要なサービスが容易に探せ、途切れることなく利用できるかどうかが重要だ」と指摘する。

クラウド・サービスのエコシステムを作る

 こうした調査結果を受けて同社は、日本市場におけるサービス事業者向けビジネスを加速させる。具体的には、クラウド・ベースでのアプリケーション・サービスの提供に必要な仮想インフラから、運用環境、課金システム、複数のアプリケーションを組み合わせて提供するための開発環境などである。アプリケーションを組み合わせるための標準規格「APS(Application Packaging Standard)」も作成している。

 これらをパラレルスが運用し、ディストリビュータ(卸業者)やサービス・プロバイダ経由、さらにはVAR(付加価値再販事業者)経由でSMBに提供する。こうしたエコシステムを管理するための仕組みも用意する。すなわち、データセンターやサーバーなどに投資しなくても、アプリケーション・ソフトを持っていたり、インテグレーションやWebデザインのスキルを使って、クラウド・サービス事業を開始できることになる。

 海外では、パラレルスのプラットフォームに、400のISV(独立系ソフトベンダー)と、9000のサービス・プロバイダ、4万のVARが参加する。日本では、大塚商会やクララオンライン、GMOクラウドなど50社強がパートナー企業になっている。また、オープンソースのECサイト構築ツール「EC-CUBE」を開発するロックオンが、同製品をASP対応にしたと発表した。

 日本市場におけるパラレルスは、Mac上でWindowsを動作させるための仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac」が知られている。だが、米本社の全売り上げにおける割合は消費者向け仮想化ソフトなどは3分の1であり、サービス事業者向け事業が3分の2を占めるという。

関連記事

国内SMB向けクラウド市場は2013年夏に1680億円、米パラレルス調査仮想化と自動化のためのソフト開発や、それらを使ったサービス事業者向けプラットフォームを展開する米パラレルスの日本法人は2013年9月27日、日本の中堅・中小企業(SMB)を対象にしたクラウド・サービスの市場について自社調査した結果として、2013年夏時点の市場規模が前年比25%増の1680億円に達したと発表した。市場は拡大基調にあるとして同社は、日本市場におけるサービス事業者向けビジネスを加速したい考えだ。

PAGE TOP