[市場動向]

「標的型サイバー攻撃の構成要素に着目せよ」―RSAのシュワルツCSOが力説

2013年10月2日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

スピアフィッシングやAPT(持続性標的型攻撃)といった、明確な目的の下で特定の企業を執拗に襲うタイプのサイバー攻撃に、もはやこれまでの情報セキュリティの定石は通用しない。2013年9月30日、米国EMCのRSA部門でCSO(最高セキュリティ責任者)を務めるエディ・シュワルツ氏が来日。日本のプレス関係者とのラウンドテーブルに参加した同氏は、「APTを構成する要素に着目して、そこから対処を検討すべきである」と強調した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

CSO / マルウェア対策 / RSA

「標的型サイバー攻撃の構成要素に着目せよ」―RSAのシュワルツCSOが力説スピアフィッシングやAPT(持続性標的型攻撃)といった、明確な目的の下で特定の企業を執拗に襲うタイプのサイバー攻撃に、もはやこれまでの情報セキュリティの定石は通用しない。2013年9月30日、米国EMCのRSA部門でCSO(最高セキュリティ責任者)を務めるエディ・シュワルツ氏が来日。日本のプレス関係者とのラウンドテーブルに参加した同氏は、「APTを構成する要素に着目して、そこから対処を検討すべきである」と強調した。

PAGE TOP