[金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」]

第10回「俯瞰する力」

2013年10月15日(火)

技術者や営業といった専門化した職種では、自らの専門領域に閉じて思考しがちである。IT業界でも、例えばネットワークには強いが、データベースのことは全然知らない、といったエンジニアは少なくない。しかし、そうした専門家であっても、専門以外のことを知り、幅広い見地から俯瞰的に説明できる能力を身につけることは有益である。現代は、技術市場や顧客ニーズの多様化や細分化が進んでいる。弁護士と会計士といった複数のプロ資格を持つ人(ダブルスタンダード)や、広く横断的な知識やスキルを持つジェネラリストの市場価値は高まってきている。

ジェネラリストの必要性は、例えば総合病院のオペレーションに垣間見ることができる。私達が大手総合病院へ行くと受付で「何科にかかりたいですか」などと尋ねられる。長時間待たされた挙句、別の科を紹介されるのもしばしばだ。しかし、患者としては、あらゆる診察ができる1人の医師にできれば診てもらいたい。その点、開業医やかかりつけの医師は、地元の患者の様々な病気に対処する必要から、ジェネラリストの側面を持っているといえる。専門外でもベストを尽くしてくれることが多くてありがたい。

世の中にジェネラリストという肩書や職業はおそらく存在しないが、重要なポジションではそれに近しい能力が必要だ。物事を俯瞰して見る力である。例えば、チームリーダーは個々のメンバーの立場や能力を横断的に把握してプロジェクトを進めなければならないし、管理職は様々な投資効果やリスクを俯瞰して意思決定することが求められる。上司に頼まれていた案件の報告で「十分に検討したのか」、「他にやり方があるんじゃないのか」などと言われたことはないだろうか。この時、往々にして、あなたが見過ごした何かが上司に見えている。俯瞰するからそれができる。

俯瞰する能力

俯瞰的に物事を見ることは、コンサルティング・スキルとしても大事だ。筆者が駆け出しのアナリストの頃、あるコンサルティング・ファームのパートナーがこんな話をしてくれた。「いま私達は、食事をするこのテーブルに並べられた食器の範囲でしかアイデアしか検討していない。でも、問題を解決しようと思えば、向こう側の端の食器が載っていない領域までも検討しなければならない。たとえそれがどんなに常識外れのアイデアであったとしても」と。課題解決の検討の場では、常識や思い込みから、スコープが限られていたり条件が設定されていたりする。しかし、コンサルタントは最良のシナリオを描くために、枠を取り払い、クライアント企業の誰よりも幅広く可能性を模索することが求められる。外部の人間には、なおさら、そうした客観的な発想が期待されている。

幅広い視野を持つと、時には、前提を覆すような大胆な施策がベストシナリオになることがある。ある企業では、大型のパッケージ・ソフトウェアの導入を前提に業務システムのスリム化を計画していた。うまくすれば高額な汎用機を止めて、大幅なコストダウンができる。プロジェクトを発足し、評価したパッケージは30種類にも及んだ。しかし、パッケージの業務適合性が低く、最良の選択をしてもコスト効果が出ないことが分かり、計画は暗礁に乗り上げた。結局、同社はどうしたかというと、システムをそのまま使い続けることにした。ただし、低額なサーバー上でも稼働できるようにソフトを移植することでコストダウンを実現したのである。プロジェクト・テーマは「パッケージ導入」であったが、その前提をも疑った結果、当初想定しなかった方法で目標は達成された。

自分が社長だったら…

日頃から俯瞰するクセを付けていれば、視野が広がり有益な結果をもたらす。ビジネス現場で俯瞰する力を養うには、与えられた職場環境のひとつ上の階層を考えてみるのが良い。特定の製品担当であれば事業統括の立場を、事業を統括しているなら経営者の立場を想像して考えてみる。すると、事業部レベルで見た時、例えば自部門の手掛けるフロービジネスと他部門のストックビジネスには根本的な違いがある、経営レベルで見ると、製品売上よりも為替や資産運用の方が業績への影響が強いといったようなことが分かり、より広い視野から物事を捉えられるようになる。ハウツー本などでもしばしば「自分が上司だったら」とか「自分が社長だったら」と仮定して仕事すべしと書かれてあるが、正しいと思う。将来、上に立とう、活躍しようと思えば、そうした所作は良質のシミュレーションになる。失敗して責任をとらされることもない。

自分の知らない他の世界を見ることも、俯瞰力を養うトレーニングになる。自宅と会社の往復を続けるだけでは、どうしても人間関係や知識が偏りがちになる。知らず知らずのうちに、自分の勤める企業や業界でしか通用しない言葉を使っていたり、狭い世界の常識に囚われた発想しかできなくなったりしてしまう。そうならないようにするためには、意識的に他の業界の人と食事をしたり、年齢や国籍が違う人と交流の機会を持つ。長らく理系の世界で過ごしてきたなら、文系の世界に触れてみると良い。ユニクロだけでなく、時には銀座の高級ブランドに足を運んでみるのも良いだろう。そうすることで、己の器を大きくし、一歩引いて物事を見られるようになる。

私は外食の時、できるだけ安くて旨い店に入るのを信条としている。しかし、年に数回は、あえて最高級といわれるようなレストランやホテルを利用することにしている。おかげで、エグゼクティブと高級料亭などに出向いても気後れすることはなくなった。もっともそれは家族からの強いプレッシャーの賜物かも知れないが。

金谷 敏尊 氏

株式会社アイ・ティ・アール
プリンシパル・アナリスト

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」一覧へ
関連記事

第10回「俯瞰する力」技術者や営業といった専門化した職種では、自らの専門領域に閉じて思考しがちである。IT業界でも、例えばネットワークには強いが、データベースのことは全然知らない、といったエンジニアは少なくない。しかし、そうした専門家であっても、専門以外のことを知り、幅広い見地から俯瞰的に説明できる能力を身につけることは有益である。現代は、技術市場や顧客ニーズの多様化や細分化が進んでいる。弁護士と会計士といった複数のプロ資格を持つ人(ダブルスタンダード)や、広く横断的な知識やスキルを持つジェネラリストの市場価値は高まってきている。

PAGE TOP