グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[イベントレポート]

JFEスチール、海外グループ会社向け標準システムを構築

2013年10月25日(金)吉田 育代(フリーランスライター)

イベントの事例セッションをピックアップして、お届けする「事例セッションピックアップ」。今回は、日本マイクロソフトが2013年10月23日に開催した「Microsoft Dynamicsフォーラム 2013」から、JFEスチール IT改革推進部の西村誠司氏による講演をレポートする。同社は、2011年から海外グループ会社向けの標準システム開発をスタート。翌2012年の9月から、タイの新規工場での運用を開始した。

写真1:JFEスチール株式会社 IT改革推進部 海外プロジェクトグループリーダー 西村 誠司氏
写真:JFEスチール株式会社 IT改革推進部
海外プロジェクトグループリーダー
西村 誠司氏

 JFEスチールが、海外グループ会社向け標準システムの開発に着手したのは、2011年のことだ。同社の主要製品の1つ、自動車向け鋼板製品は、顧客ごとにオーダーメイドで製造する。例えば、シートやサスペンションでは使用する鋼材が違い、同じ用途でも顧客によって仕様は異なる。もちろん、求められる品質は非常に高い。

 これらの製品を、顧客のニーズに合わせ適切なタイミングで供給するためには、自社の製造拠点を顧客の製造拠点に隣接させるのが望ましい。効率という点では日本で集中的に製造する方が良いが、消費地から離れていると、きめこまかな最終調整や、迅速なデリバリーが難しいからだ。

 そこでJFEスチールは、製造工程を分けることにした。製銑から精錬、鋳造、圧延までの工程を日本で済ませ、メッキ加工を現地で施す。そのメッキ加工を担う事業会社を世界各地に展開する。

 ここで問題になったのが、基幹業務システムである。各事業会社に業務システムを導入する必要があるが、個別に用意するのは効率的ではない。そこで浮上したのが、海外事業会社が共通で使用する「標準システム」の構築だった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

JFEスチール、海外グループ会社向け標準システムを構築イベントの事例セッションをピックアップして、お届けする「事例セッションピックアップ」。今回は、日本マイクロソフトが2013年10月23日に開催した「Microsoft Dynamicsフォーラム 2013」から、JFEスチール IT改革推進部の西村誠司氏による講演をレポートする。同社は、2011年から海外グループ会社向けの標準システム開発をスタート。翌2012年の9月から、タイの新規工場での運用を開始した。

PAGE TOP