[イベントレポート]

東レKPフィルム、ビジネスモデル転換にともない、基幹業務システムを刷新

2013年10月30日(水)吉田 育代(フリーランスライター)

イベントの事例セッションをピックアップして、お届けする「事例セッションピックアップ」。前回に引き続き、日本マイクロソフトが2013年10月23日に開催した「Microsoft Dynamicsフォーラム 2013」から、東レKPフィルム 企画・管理部 部長 小川秀雄氏による講演をレポートする。同社は、東レグループ傘下に加わるにあたり、ビジネスモデルの転換を迫られる。その一環で、基幹システムを刷新した。

写真1:東レKPフィルム 企画・管理部 部長 小川秀雄氏
写真1:東レKPフィルム
企画・管理部 部長
小川秀雄氏

 東レKPフィルム株式会社は、金属蒸着加工を得意とする東レグループ企業の1社である。その技術は、プリント基板やコンデンサ、スマートフォン、タッチパネル、電線など幅広い分野に用いられる。

 同社は2009年10月に東レグループ傘下に入るにあたり、基幹システムを刷新した。それまでは委託を受け業務を行っていたが、自社で販売する体制(自販体制)へのビジネスモデル転換を求められたためだ。

この時期に東レグループから同社へ入った東レKPフィルムの企画・管理部 部長 小川秀雄氏は、同社の業務分析を一年かけて遂行。その結果、情報システムが自販体制に適した構造でないこと、個々のシステムも販売管理システム、購買管理システムと縦割りに分断されていることを発見する。特に後者はシステムでデータ連携ができないため、データを再利用するのに人手を介する必要があり、効率が悪かった。

 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

東レKPフィルム、ビジネスモデル転換にともない、基幹業務システムを刷新イベントの事例セッションをピックアップして、お届けする「事例セッションピックアップ」。前回に引き続き、日本マイクロソフトが2013年10月23日に開催した「Microsoft Dynamicsフォーラム 2013」から、東レKPフィルム 企画・管理部 部長 小川秀雄氏による講演をレポートする。同社は、東レグループ傘下に加わるにあたり、ビジネスモデルの転換を迫られる。その一環で、基幹システムを刷新した。

PAGE TOP