[事例ニュース]

日本山村硝子、グループ各社の物理サーバーを統合

2013年10月31日(木)IT Leaders編集部

従来、グループ各社の業務ごとに導入してきた物理サーバーを仮想統合、運用管理の効率化を図った。日本IBMが2013年10月30日に発表した。

 2012年12月からファイルサーバーの統合を実施。9台の物理サーバーを1台に集約した。2013年5月から、Notes/Dominoサーバーの統合にも着手し、18台の物理サーバーを9台に減らした。サーバー集約に合わせて、Notes/Dominoを、8.0.1から9にバージョンアップした。

 統合後の新サーバーには、IBMの「IBM Flex System」を使用した。同社は、将来的にプライベートクラウドを構築することも検討しており、集約率を高められる点や、ネットワーク機能が優れている点を評価した。サーバー、ストレージ、ネットワークを同一シャーシに統合しており、導入が容易な点も決め手になった。

 一連の取り組みによって、電力使用量を1/3に削減。運用管理も効率化できたとしている。

関連記事

日本山村硝子、グループ各社の物理サーバーを統合従来、グループ各社の業務ごとに導入してきた物理サーバーを仮想統合、運用管理の効率化を図った。日本IBMが2013年10月30日に発表した。

PAGE TOP