[事例ニュース]

黒田精工、基幹システムを再構築、2014年4月稼働開始目指す

2013年10月31日(木)IT Leaders編集部

  日本オラクルが2013年10月31日に発表した。

 神奈川県川崎市に本拠を置く精密機器メーカー。精密加工技術・精密計測技術を生かし、ボールねじや精密金型、工作機械、測定装置、ゲージなどを製造する。グローバル展開を加速するため、基幹システムの再構築を決定した。2014年4月の稼働開始を目指す。

 会計、購買、販売、在庫、原価、製造などのシステムを網羅的に刷新する。(1)正確な経営判断の支援、(2)柔軟な生産管理の仕組みの構築、(3)原価と生産情報の可視化、(4)グローバル対応、などが目的。

 従来、自社開発システムを長年運用してきたが、今回はパッケージ製品から選定した。製造業での導入実績や、業務との適合性、グローバル対応などを評価し、日本オラクルのERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」を採用した。構築は、イデア・コンサルティングが担当する。

関連記事

黒田精工、基幹システムを再構築、2014年4月稼働開始目指す  日本オラクルが2013年10月31日に発表した。

PAGE TOP