[事例ニュース]

三菱重工とNEC、ビッグデータを分析して船舶の運航費を予測

2013年11月11日(月)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

三菱重工業とNECは2013年11月11日、船舶運航にかかるエネルギー費を算出する「船舶向けエネルギー需要予測システム」を共同開発することを発表した。ビッグデータを活用することで、将来のエネルギー需要量を予測できるようにする。

過去のエネルギー消費量、天候、気温、時刻などのデータを組み合わせて分析することで、状況に応じたエネルギーの需要量を導き出す。これにより三菱重工業は、船舶のエンジンや発電機の稼働率/稼働台数を、気象条件などに照らして調整できるようにする。運航コストの削減や環境負荷低減を見込む。

船舶向けエネルギー需要予測システムでは、「異種混合学習技術」と呼ぶNECの予測技術を用いる。これは、データ同士の関連性を見つけ出し、その中から一定の「規則」を自動検知する技術。例えば天候とエネルギー消費量、天候と時刻などの異なるデータから一定の規則を導き出す。データごとに規則性を検知するだけでは気づかなかった背景や要因を探るのに役立つ。

本システムは、三菱重工が2014年末に販売を開始する予定。NECは「異種混合学習技術」をビルのエネルギー管理システムなどへの適用を進める。

関連記事

三菱重工とNEC、ビッグデータを分析して船舶の運航費を予測三菱重工業とNECは2013年11月11日、船舶運航にかかるエネルギー費を算出する「船舶向けエネルギー需要予測システム」を共同開発することを発表した。ビッグデータを活用することで、将来のエネルギー需要量を予測できるようにする。

PAGE TOP