[マーケティング志向で行こう!]

「どうして日本にはCMOがいないの?」を考えてみる

2013年11月12日(火)加藤 恭子(ビーコミ)

日本国内でCMOを設置している企業は3.9%? こんなショッキングな数字があります。さてさて、本当にこれでいいものなのか。今回は、そんなテーマで書いてみます。

IDC Japanが2013年6月に実施した、日本国内の企業におけるマーケティング活動動向調査の結果を発表しています。この調査では、国内企業のCMO(マーケティング最高責任者:Chief Marketing Officer)の設置率はたった3.9%にとどまるものでした。日本にはCMOがほとんどいないというのは、以前から言われてきたことなのですが、改めてそれを調査機関に数字で示されると、どうしても驚いてしまう私たちがいます。

率先して旗を振るリーダーなのかどうか

あらゆる業種でマーケティングの重要性が叫ばれ、書店にはマーケティングの書籍があふれ、ITを駆使した様々なマーケティングのツールが提供されているというのに、なぜCMOがいないのか─疑問でしかたありません。

最近はソーシャルメディアの普及に伴い、企業内にデジタルマーケティング部のようなものを設け、ソーシャルメディア活用や、インターネット広告を一手に引き受けるチームの登用が増えているという話を聞きました。求人情報サイトを見てもデジタルマーケティングの専門家の求人が目立って増えています。でも、現実にCMOがいる会社は少ないわけです。

ここでいったん、CMOの定義を考えてみたいと思います。Cクラス(海外ではChief~で始まる役職をCクラスと呼びます)の役職のうち、CIOは所謂、企業内ITの旗振り役ですよね。ポイントは、単なる部長職ではないというところにあると思います。部長と最高責任者の違いは、ズバリ率先して旗を振るリーダーなのかどうかではないでしょうか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
マーケティング志向で行こう!一覧へ
関連記事

「どうして日本にはCMOがいないの?」を考えてみる日本国内でCMOを設置している企業は3.9%? こんなショッキングな数字があります。さてさて、本当にこれでいいものなのか。今回は、そんなテーマで書いてみます。

PAGE TOP