[調査・レポート]

IT市場規模は対前年比0.1%と停滞、IDCが2017年までの市場を予測

2013年11月13日(水)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2013年11月7日、第2四半期(4月~6月)の国内IT市場規模(実績)を発表した。2017年までの国内IT市場規模予測も公開した。

 2013年の国内IT市場規模は13兆8288億円と予測。前年からの成長率は0.1%に留まる。

 内訳をみると、ハードウェアの市場規模は6兆3220億円で、前年比成長率はマイナス2.8%。ソフトウェアの市場規模は2兆4974億円で、前年比成長率は4.3%。サービスの市場規模は5兆95億円で、前年比成長率は1.8%となる。

 同社は、成長率がほぼ横ばいだった原因を次のように考える。マイナス要因は、2012年の市場を牽引したスマートフォン市場が縮小傾向にあること。通信事業者がLTE(4G)向けサービスの投資を2012年に前倒ししたこと。家庭向けのPC市場が減退傾向にあること。

 一方のプラス要因は、仮想化が普及/浸透したことで、関連するソフトウェアやストレージの市場が成長したこと。これら要因が混在している。

図:国内製品別IT市場実績と予測(出典:IDC Japan)

 2013年から2017年までの年間平均成長率は0.2%で、2017年の市場規模は13兆9690億円と予測。通信サービス市場を加えた国内ICT市場の年間平均成長率はマイナス0.4%で、市場規模は24兆6871億円と予測する。

 2012年から2013年にかけては「クラウド」と「スマートフォン」が市場の成長を牽引した。しかし今後、成長は鈍化すると同社は予測。世界のICT市場と比べると、国内のクラウド/スマートフォンの普及スピードは遅く、世界との差が一層つくのではと同社は分析する。

 

関連記事

IT市場規模は対前年比0.1%と停滞、IDCが2017年までの市場を予測IDC Japanは2013年11月7日、第2四半期(4月~6月)の国内IT市場規模(実績)を発表した。2017年までの国内IT市場規模予測も公開した。

PAGE TOP