[新製品・サービス]

日立、記憶媒体をすべてフラッシュにしたストレージ製品を発表

2013年11月14日(木)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

日立製作所は2013年11月13日、ストレージ「Hitachi Unified Storage 150 all flash」を発表した。記憶媒体にフラッシュメモリーを採用することで処理を高速化する。バッチ処理や大量データを高速に分析する用途などを想定する。

データの保存容量が1.6TBとなる「Hitachi Accelerated Flash(HAF)」(写真)を480台まで搭載でき、最大容量は768TBとなる。「HAFに搭載するフラッシュやコントローラを自社開発することで、価格を抑えつつ性能や信頼性を高めた」(デバイス応用設計部 主管技師 角田仁氏)。

写真:Hitachi Accelerated Flash

ストレージはHAFの稼働状況を監視し、負荷に応じて処理を割り振ることが可能。これによりパフォーマンスを高められる。HAFが実施したデータ診断結果を収集し、故障率の高い領域にデータを書き込まないようにすることで信頼性も高める。

上位機「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」や「Hitachi Unified Storage VM(HUS VM)」向けのHAFも新たに開発。HAF1台当たりのデータ保存量を3.2TBとし、VSPは614.4TB、HUS VMは307.2TBまで容量を拡張できる。HUS VMのデータ読み込み速度を2倍に引き上げるソフト「Flash optimization」も提供開始した。

価格(税込)はHAFを5台搭載するHitachi Unified Storage 150 all flashが2067万300円から。Flash optimizationが288万3300円。「Hitachi Unified Storage 150」向けのHAFが381万6750円から。VSPとHUS VM向けのHAFが642万750円から。

関連キーワード

SSD / 日立製作所

関連記事

日立、記憶媒体をすべてフラッシュにしたストレージ製品を発表日立製作所は2013年11月13日、ストレージ「Hitachi Unified Storage 150 all flash」を発表した。記憶媒体にフラッシュメモリーを採用することで処理を高速化する。バッチ処理や大量データを高速に分析する用途などを想定する。

PAGE TOP