[金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」]

第11回「共感されるプレゼンテーション」

2013年11月18日(月)

レポートの執筆とともにアナリストの仕事に多いのが、プレゼンテーションである。イベントでの基調講演、セミナー講師、コンサルティングの報告会など、実に多くのプレゼンテーションの機会がある。世の中にはプレゼンテーションの極意などと銘打ったさまざまな良書・文献があるので、全体像やあるべき論についてはそちらを参照頂きたい。ここでは、プレゼンテーション資料作成のコツについて、筆者の思う所を述べたい。

プレゼンテーションは、自己の意思を伝えることで他者に気付きを与える場である。単なるスピーチと違うのは、スクリーンに図表などを投影するといった視覚効果を伴う点だ。場合によっては、デモンストレーションを交えたり、モックアップ(試作品)を見せたりするといった演出がなされることもある。

実際のプレゼンテーションでは、スクリーンに投影したり聴講者に配布するプレゼンテーション資料に合わせて話を進めることとなるので、資料の中味は重要である。一定水準のコンテンツ、表現力、分かり易さが伴っていなければ、訴求するプレゼンテーションになりにくい。コンテンツが論理的に構成されていることも大切だ。なんらかの主張や提言を行う際は、統計データ、事例、権威のコメントを引用するなどの根拠を示しておく。この辺りのテクニックは、論文を書く時と同じなので、第08回「読ませる論文の書き方」を参考にして頂きたい。

ストーリーへの共感

さて、プレゼンテーション資料の作り方について、私見だが、もう一点重視している点がある。それは「ストーリー性」である。そもそも満員御礼のセミナーであっても、開始前から真剣に話を聞こうと身構える人はそう多くはない。さあこれから寝るぞ、という雰囲気を醸し出す人もしばしば見かける(筆者の講演だけかも知れないが…)。来場者の中には、便宜上参加するとか、上司に言われて聴講するといった方もおり、ある程度は止むを得ないところだ。

だからと言って、プレゼンターは、プロである以上手を抜く訳にはいかない。そんな人にも耳を傾けてもらい、徐々に自説に引き込んでいかねばならない。それには、アイスブレークで冗談を飛ばすとか、冒頭に意表をついたチャートを示すといったテクニックもある。だが、何より効果的なのは、話の流れが一遍の物語やドラマになっていることである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
金谷敏尊の「ITアナリストの仕事術」一覧へ
関連記事

第11回「共感されるプレゼンテーション」レポートの執筆とともにアナリストの仕事に多いのが、プレゼンテーションである。イベントでの基調講演、セミナー講師、コンサルティングの報告会など、実に多くのプレゼンテーションの機会がある。世の中にはプレゼンテーションの極意などと銘打ったさまざまな良書・文献があるので、全体像やあるべき論についてはそちらを参照頂きたい。ここでは、プレゼンテーション資料作成のコツについて、筆者の思う所を述べたい。

PAGE TOP