グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[今求められるIT組織のグローバル化]

【第3回】グローバル化を支援するために必要なIT組織の機能とは

2013年11月19日(火)プライスウォーターハウスクーパース

第2回の記事では、日本企業のITマネジメントをグローバルレベルに引き上げるためのポイント、IT部門がグローバル化に向けて果たすべき役割について述べた。今回は、グローバル展開する欧米企業のIT組織がどのような構造で、どんな役割を担っているのかについて解説する。

事業特性、経営戦略、M&Aの経緯、ITを活用する能力などにより、理想とするIT組織の構造や役割は異なる。すべての企業に当てはまる正解はない。

もっともグローバル化の段階に応じて、IT組織の構造と役割はある程度パターン化できる。海外展開を進める企業は、自社のグローバル化の段階とIT組織の現状を勘案し、段階に沿わない組織構造なら是正するのが好ましい。

図1は、企業のグローバル化のレベルを、システムや業務の状況に応じて4分割している。レベルごとに組織構造や役割に一定の特徴が見られる。以下で組織の特徴を見ていこう。

図1:グローバル化レベルとシステムの関係

地域分散型IT組織

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
今求められるIT組織のグローバル化一覧へ
関連記事

【第3回】グローバル化を支援するために必要なIT組織の機能とは第2回の記事では、日本企業のITマネジメントをグローバルレベルに引き上げるためのポイント、IT部門がグローバル化に向けて果たすべき役割について述べた。今回は、グローバル展開する欧米企業のIT組織がどのような構造で、どんな役割を担っているのかについて解説する。

PAGE TOP