[インタビュー]

「Webでのユーザー体験がビジネスの成否決める」米Akamaiシニア・バイスプレジデント

2013年11月19日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

CDN(Contents Delivery Network:コンテンツ配信ネットワーク)最大手の米アカマイ・テクノロジーズが、一般企業に向けた通信インフラとしての提案を強化している。キーワードは、「Web Experience」。Webの位置づけが変わってきたことで、より高速かつ安全な通信インフラを誰もが欲しているという。2013年10月には、運用管理機能の操作を可能にするAPI(Application Programming Interface)も公開した。Web Experienceの意味するところや、API公開の背景などを、米本社のweb Experience部門担当シニア・バイスプレジデントであるマイク・アファーガン氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

写真:米アカマイ・テクノロジーズのweb Experience部門担当シニア・バイスプレジデントであるマイク・アファーガン氏
写真:米アカマイ・テクノロジーズの
web Experience部門担当シニア・バイスプレジデントである
マイク・アファーガン氏

――「Web Experience」を掲げているが、その意味するところは。

 Webの世界では大きな変化が起こっており、あらゆる企業にとって新たなビジネスチャンスが訪れている。そのことを伝えるために、このキーワードを掲げている。

 Webサイトのユーザーインタフェース(UI)を考えてほしい。ほんの3、4年前までは、PCに搭載したWebブラウザだったものが、今ではスマートフォンが当たり前になっている。だが、これは単にデバイスが変化しただけでない。キーボードとマウスという入力装置が消え、指先で操作するボタンや音声認識に置き換わろうとしている。

 結果、Webサイトは、一般消費者から従業員、専門家までが、様々なデバイスとモバイル環境を使って、いつでも、どこからでも利用する対象になった。小売業にすれば販売機会が増えるし、企業内を見ても従業員とのつながりが強まっている。すわなち、Webの進化によりビジネス機会が広がっているわけだ。最近、小売業界で「オムニチャネル(すべての顧客接点)」というキーワードが注目されている理由も、ここにある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「Webでのユーザー体験がビジネスの成否決める」米Akamaiシニア・バイスプレジデントCDN(Contents Delivery Network:コンテンツ配信ネットワーク)最大手の米アカマイ・テクノロジーズが、一般企業に向けた通信インフラとしての提案を強化している。キーワードは、「Web Experience」。Webの位置づけが変わってきたことで、より高速かつ安全な通信インフラを誰もが欲しているという。2013年10月には、運用管理機能の操作を可能にするAPI(Application Programming Interface)も公開した。Web Experienceの意味するところや、API公開の背景などを、米本社のweb Experience部門担当シニア・バイスプレジデントであるマイク・アファーガン氏に聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

PAGE TOP