[新製品・サービス]

JSOL、ビッグデータを使ってマーケティング業務を支援するソリューションを発表

2013年11月18日(月)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

JSOLは2013年11月18日、「マーケティング分析クラウドソリューション」を発表した。消費者の行動や離反などを予測/把握することで、効果的なマーケティング施策を打ち出せるようにする。分析システムは、グーグルが提供するクラウド「Google Cloud Platform」上に構築する。

2つのサービスを用意する。1つは「消費者行動予測分析サービス」。消費者の行動をパターン化し、過去のマーケティング施策との相関関係を探る。売り上げを拡大するための施策を検討するのに役立つ。

もう1つは「消費者スイッチング予測分析サービス」。消費者のスイッチング(離反)要因を分析することで、離反するタイミングを導き出す。消費者の離反意思が確定するよりも早く、離反を防ぐ対策を打ち出せるようにする。

両サービスとも、JSOLのデータサイエンティストが作成した分析手法を利用できる。過去の経験やノウハウに基づく分析モデルを提供することで、ビッグデータ活用に踏み出せなかった企業でも、マーケティング業務に必要な分析結果を容易に引き出せる。

分析対象となるのは、業務システムが保有するPOSデータと、インターネット上に散在するソーシャルデータ。POSデータを使って消費者の行動を分析し、ソーシャルデータを使って効果的なマーケティング施策案を導出する。これらデータを高速に分析処理するため、Hadoopを用いる。

導入効果を明確化するコンサルティングから、システムやデータの準備、分析作業、施策の検証/評価までをJSOLが支援する。

図:マーケティング分析クラウドソリューションの概要
関連記事

JSOL、ビッグデータを使ってマーケティング業務を支援するソリューションを発表JSOLは2013年11月18日、「マーケティング分析クラウドソリューション」を発表した。消費者の行動や離反などを予測/把握することで、効果的なマーケティング施策を打ち出せるようにする。分析システムは、グーグルが提供するクラウド「Google Cloud Platform」上に構築する。

PAGE TOP