[イベントレポート]

王子ホールディングスが、仮想インフラをリニューアルした理由

2013年11月22日(金)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

紙パルプの製造、販売を中核とする、王子ホールディングスは、このほど業務システムの仮想インフラを刷新した。グループの情報システムを担当する、王子ビジネスセンターの島田政明取締役 業務本部長が、IBMが2013年11月19日に開催した「IBM PureSystems先進活用事例説明会」で紹介した。

写真:王子ビジネスセンター 取締役 業務本部長の島田政明氏
写真:王子ビジネスセンター
取締役 業務本部長
島田政明氏

 今回、刷新したのは、ホールディングスやグループ各社が共同利用する、仮想サーバーインフラである。旧インフラは、IA物理サーバーを統合するため、2008年に構築した。一部の特別なシステムを除き、大半のIAサーバーを移行済み。会計や決算、経費精算、購買管理、就労管理などが稼働する。利用拡大に伴い、リソースが枯渇、新たにインフラを構築するに至った。

 きっかけを作ったのは、2011年から始めた、グループ企業向けの仮想サーバー提供サービスである。コストが安く、運用の必要もないとあって、各社での採用が相次いだ。「今や、どのグループ会社も、仮想サーバーを“指名買い”する。その結果、180台のサーバーを収容するつもりで設計したインフラに、300台以上ひしめき合う状態になった」(王子ビジネスセンターの島田政明取締役)。

 リソースの枯渇に対応するには、既存インフラを拡張する手もあった。国産ベンダーのブレードサーバーを使用しており、ブレードを追加すれば、リソースも増やせた。それにもかかわらず、刷新に踏み切ったのは、仮想インフラの重要性を認めたからだ。

 「当初こそ、稼働要件が比較的緩いシステムだけを利用していたが、安定稼働の実績を重ねるにつれ、仮想インフラを利用可能な範囲が広がってきた。4段階あるSLAのうち、最上級のSランクのシステムでも利用し始めている。仮想プールをさらに拡張して、グループ企業のIAサーバーを巻き取っていきたいと考えた」(王子ビジネスセンターの島田政明取締役)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

王子ホールディングスが、仮想インフラをリニューアルした理由紙パルプの製造、販売を中核とする、王子ホールディングスは、このほど業務システムの仮想インフラを刷新した。グループの情報システムを担当する、王子ビジネスセンターの島田政明取締役 業務本部長が、IBMが2013年11月19日に開催した「IBM PureSystems先進活用事例説明会」で紹介した。

PAGE TOP