[専業コンサルタントのセキュリティ相談室]

入れたら終わり? “ツール頼み”のセキュリティ対策はもう止めよう

2013年11月21日(木)楢原 盛史

 「従来型のセキュリティ対策は通用しなくなったという、話を聞きました。これまでと、何か違うセキュリティ対策が必要なのでしょうか」――。そんな質問を受ける機会があった。背景には、新聞やテレビを賑わせるセキュリティ事故があるのだろう。それを受けたセキュリティベンダーの売り文句も影響しているのかもしれない。

 
 

 「セキュリティを取り巻く環境は、悪化している」「従来型の対策は通用しなくなった」といったフレーズは今や珍しくなくなった。サイバー環境での事件が増加していることは事実だ。警察庁の統計データにも、数値として現れている。

 ただ、“サイバー環境のセキュリティ事情が悪化した”というより、“変化している”と捉える方が、より的確に状況をとらえているように思う。要は、私たちの社会活動における、社会的な重要性が高まるにつれ、従来、リアルな世界で起こっていた犯罪が、サイバー環境でも発生するようになったということだ。

 十数年前を思い出してほしい。今のようなクラウドやスマートデバイスも存在していなかった。一部の限られた社員に絞って、パソコンを配布している企業も珍しくなかった。しかし、そうした状況は様変わりした。今や、どこの企業でも1人1台PCを配布するのが当たり前だ。最近では、スマートデバイスを支給する企業もある。プライベートでも、人々はスマートデバイスや、タブレットを持ち歩き、コミュニケーションやショッピングに利用している。最近は、私物のデバイスをビジネスで活用しようとする企業すら登場している。

 サイバー環境が社会活動の一部を担うようになった。犯罪が、サイバー環境に登場するのも不思議なことではない。しかも、現時点では、サイバー空間での犯罪の方が費用対効果が高い。コンピュータの手を借りられるので人手に困らないし、リアルな犯罪よりも追跡が難しく、犯罪の成功率も高めやすい。社会や企業が今日的なサイバー環境に追い付いていないというのが実情だろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
専業コンサルタントのセキュリティ相談室一覧へ

入れたら終わり? “ツール頼み”のセキュリティ対策はもう止めよう 「従来型のセキュリティ対策は通用しなくなったという、話を聞きました。これまでと、何か違うセキュリティ対策が必要なのでしょうか」――。そんな質問を受ける機会があった。背景には、新聞やテレビを賑わせるセキュリティ事故があるのだろう。それを受けたセキュリティベンダーの売り文句も影響しているのかもしれない。

PAGE TOP