[事例ニュース]

富士電機、新基幹システムのデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用

2013年11月26日(火)IT Leaders編集部

日本オラクルが2013年11月26日に発表した。

 2010年12月に次期基幹システムプロジェクトを発足。世界各地の拠点で利用する、受注・手配・出荷・売上などシステムを統合、新基幹システムを構築した。2013年5月に稼働開始した。

 新システムでは、統合データベース基盤として、垂直統合プラットフォーム「Oracle Exadata」を採用した。運用監視ツール「Oracle Enterprise Manager」や、リモート監視サービス「Auto Service Request(ASR)」なども導入している。

 システム刷新によって、夜間バッチ処理を最大50%高速化したほか、運用コストを約20%削減したという。

関連記事

富士電機、新基幹システムのデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用日本オラクルが2013年11月26日に発表した。

PAGE TOP