グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」]

【第2回】想像を絶するスケールの差がクラウドの姿を変える

2013年12月2日(月)入江 宏志

2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」を取り上げる本連載。IT戦略における日本と世界の差異を見極めるための観点として、第1回はクラウド市場(マーケット)を取り上げた。その他の観点には、「スケールの差」や「ITのとらえ方の違い」「専門性への取り組み」「国民性」「組織」などがある。今回は日本と海外の間にある「スケールの差」を考えてみる。端的に言えば、そこには極端なほどに異なる規模感が存在する。

 スケールの差に触れる前に、今一度、グローバル企業の定義を考えてみたい。国家が経済成長するためには、「人口」「技術」「貯蓄」「起業家精神」そして「何かが欠乏していること」の5つの要素が必要だとされる。企業も同様に、成長のための原動力は、「人」「もの」「金」「起業家精神」と「何かが欠乏していること」である。最初の4つは容易に思いつくが、最後の1つが厄介だ。

 海外の企業は、最後の「欠乏しているものは何か?」を模索するためにグローバル化を目指している。そのために、英語を公用語とし、多国籍でビジネスを展開し、多国籍の社員を採用し、社員をバイリンガルになるよう教育し、M&A(企業の統合・買収)などを実施するのに十分な資金力を得ようとする。これらに加えて彼らが必要としているのが次世代に向けたIT戦略である。

 この次世代に向けたIT戦略において、日本と海外の取り組み姿勢の違いが、しばしば話題に上る。その要因の一つが、今回取り上げる「スケールの差」であることは間違いない。以下では、(1)IT投資とデータセンターの規模、(2)仮想マシンの数、(3)クラウド導入率、(4)コスト削減の感覚、(5)企業数の5項目をみてみよう。

(1)IT投資とデータセンターの規模の差

 米Googleが持つIT資産(サーバー資産)をご存じだろうか?公表されているデータによると、129億1200万ドルであり、1ドル=100円で換算すれば、1兆2912億円にもなる。四半期に、その1割以上に相当する、16億1100万ドル(1611億円)を買い足している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
バックナンバー
2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」一覧へ
関連記事

【第2回】想像を絶するスケールの差がクラウドの姿を変える2020年を見据えた「グローバル企業のIT戦略」を取り上げる本連載。IT戦略における日本と世界の差異を見極めるための観点として、第1回はクラウド市場(マーケット)を取り上げた。その他の観点には、「スケールの差」や「ITのとらえ方の違い」「専門性への取り組み」「国民性」「組織」などがある。今回は日本と海外の間にある「スケールの差」を考えてみる。端的に言えば、そこには極端なほどに異なる規模感が存在する。

PAGE TOP