[新製品・サービス]

MongoDBのサポートサービス、NRIが年中無休で提供へ

2013年12月10日(火)IT Leaders編集部

野村総合研究所(NRI)は2013年12月10日、オープンソースのデータベース「MongoDB」を対象としたサポートサービスを提供すると発表した。  

MongoDBは、いわゆるNoSQLと呼ばれるDBに属し、非定型データの加工・分析・管理に向く。RDBとKVS(キーバリューストア)との中間的な構造・性格を併せ持ち、RDB技術者でも扱いやすいことから企業システム分野でも関心が高い。日本国内では、Webサイトの周辺システムや大容量のデータ処理などに適用する例が増えている。

もっとも、OSSゆえに導入や運用、障害発生時のサポート体制を懸念する声も少なくない。こうした事情を踏まえNRIは、大手SIerとして初めて本格的なサポートサービスを提供することにした。

(1)提供元であるMongoDB,Inc.と協調して手厚くサポートすること、(2)DB単体に限らずWebサーバーやアプリケーションサーバーなどとの連携も含めて包括的にサポートすること、(3)24時間365日、日本語でサポートすること、を特徴と位置づける。

NRIは、OSSを対象とするサポートサービス体系「OpenStandia」を2006年から提供。累計で1000プロジェクトを超えるサポート実績がある。これまでの知見を活かしながら、MongoDBに関しては今後3年で30社へのサービス提供を見込んでいる。

関連記事

MongoDBのサポートサービス、NRIが年中無休で提供へ野村総合研究所(NRI)は2013年12月10日、オープンソースのデータベース「MongoDB」を対象としたサポートサービスを提供すると発表した。  

PAGE TOP