コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

SMB向けユニファイドコミュニケーション・サービス、大塚商会が販売

2013年12月12日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

大塚商会は2013年12月12日、中堅・中小企業を対象にチャットやWeb会議などのユニファイドコミュニケーション(UC)サービス「UCスタータープラン」を販売すると発表した。シスコシステムズと協業し、シスコ製品に大塚独自のサポートサービス「たよれーる」を組み合わせて提供する。

 UCスタータープランで提供するのは、Web電話帳の「Phoneappli Collaboration Directory」とビジネスチャットの「Cisco Jabber」、Web会議の「Cisco WebEx」の各機能。個別導入では難しい相互連携を最初から統合して用意する。在席状況の確認による無駄な連絡を減らし、モバイル環境を含めた情報共有などにより、正確な情報に基づく意志決定を支援できるとしている。

 サービス利用に向けては、「Cisco Unified Communications Manager Business Edition6000」サーバーを1台設置すれば良い。必要なネットワークインフラは、たよれーるの月額サービスとして提供する。ファイアウォールや無線LAN、リモートアクセスの仕組みのほか、拠点間の通信回線やモバイル回線、モバイル端末なども顧客の要望に合わせて用意する。

 UCサービス開始に先立ち大塚商会は、専門部署を2013年7月に新設した。、今後1年間に選抜した営業担当者に営業教育を実施し、UC技術者を育成することで、国内最大規模の販売/サポート体制を構築する計画だという。

 UCスタータープランの利用料金は、100ユーザーの場合に300万円(税別)から。初年度に3億円の受注を目標にする。

関連記事

SMB向けユニファイドコミュニケーション・サービス、大塚商会が販売大塚商会は2013年12月12日、中堅・中小企業を対象にチャットやWeb会議などのユニファイドコミュニケーション(UC)サービス「UCスタータープラン」を販売すると発表した。シスコシステムズと協業し、シスコ製品に大塚独自のサポートサービス「たよれーる」を組み合わせて提供する。

PAGE TOP