[新製品・サービス]

サイボウズ、自社クラウド基盤とWindows Azureをシングルサインオン可能に

2013年12月13日(金)IT Leaders編集部

cybozu.comとWindows Azure/Office365の認証連携を図るモジュールを開発し、正常動作を確認したとサイボウズが発表した。  

PaaSやSaaSなど、複数のクラウドサービスを利用する企業が増えるのに伴い、ユーザー認証連携へのニーズが高まっている。こうした中でサイボウズは、同社のクラウド基盤「cybozu.com」と、日本マイクロソフトの「Windows Azure」ならびに「Microsoft Office 365」を連携させるモジュールを開発したと2013年12月11日に発表した。

Azure Acitve Directory(AD)に一度ログインしたユーザーが、cybozu.com、Windows Azure、Office365にシングルサインオン(SSO)できるようになるというもの。両社は、サイボウズが開発した連携モジュールが、認証情報交換のプロトコル「SAML(Security Assertion Markup Language)2.0」を介した認証連携において正常に機能することを確認した。さらに、Azure ADに対応した他のクラウドサービスもSSOの対象となる。概要は図の通り。

図 サイボウズが発表した認証連携の基本的な仕組み(リリースより引用)

サイボウズはcybozu.com上で、グループウェアの「Office」「Garoon」や、アプリケーション開発基盤「kintone」といったサービス展開に注力している。日本MSが提供するOffice365は、メールやカレンダーなどの「Exchange Online」、文書共有を効率化する「SharePoint Online」、チャットやWeb会議を支援する「Lync Online」などを備える。両社のサービスには重複する機能もあるが、ユーザーはSSO環境下で、ニーズに合うものを組み合わせて使える。

関連記事

サイボウズ、自社クラウド基盤とWindows Azureをシングルサインオン可能にcybozu.comとWindows Azure/Office365の認証連携を図るモジュールを開発し、正常動作を確認したとサイボウズが発表した。  

PAGE TOP