[市場動向]

ゼロデイ、Zbot、パスワードリスト……シマンテックが2013年のサイバー脅威を総括

2013年12月19日(木)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

ほとんど日常的にサイバー攻撃に関するニュースやトピックを耳目にすることになった2013年。2013年12月19日、シマンテックは「2013年のセキュリティ脅威を総括」と題した記者発表会を開き、2013年に起こった主要なサイバーセキュリティ事案を挙げて解説した。

2013年のサイバーセキュリティ5大事案

 説明を行ったのは、米シマンテックコーポレーション シマンテックセキュリティレスポンス担当バイスプレジデントのケビン・ホーガン氏と、シマンテック日本法人のセキュリティレスポンス シニアマネージャの浜田譲治氏である。両氏は2013年に特徴的だったサイバーセキュリティ脅威として、「ゼロデイを利用する攻撃の増加」「ランサムウェア」「Zbotの拡大」「モバイルのリスク拡大」「不正アクセスの増加」の5つを挙げて、それぞれについて分析結果を示しながら説明を行った。

 
写真 説明を行った、米シマンテックコーポレーションのケビン・ホーガン氏(左)と、シマンテック日本法人の浜田譲治氏

 

1. ゼロデイを利用する攻撃の増加

 公表されていない未知の脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃は、最も厄介なサイバーセキュリティ脅威の1つである。2013年にシマンテックが把握したゼロデイ脆弱性の数は、2011年の8件、2012年の14件からさらに増加して22件に及ぶ。Windows標準のInternet Explorerの脆弱性を悪用した「IEゼロデイ」、官公庁や教育業界を中心に日本国内で古くから利用されているワープロソフトをターゲットにした「一太郎ゼロデイ」の被害例が紹介された。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連キーワード

マルウェア対策 / Symantec

ゼロデイ、Zbot、パスワードリスト……シマンテックが2013年のサイバー脅威を総括ほとんど日常的にサイバー攻撃に関するニュースやトピックを耳目にすることになった2013年。2013年12月19日、シマンテックは「2013年のセキュリティ脅威を総括」と題した記者発表会を開き、2013年に起こった主要なサイバーセキュリティ事案を挙げて解説した。

PAGE TOP