[市場動向]

急速に増え始めた外部データ、動向把握し積極的な活用を

2013年12月20日(金)折川 忠弘(IT Leaders編集部)

オープンデータやソーシャルデータ、センサーデータといった社外のデータ量が急増している。新たなビジネスの創出や既存事業の強化を模索する企業は、これら社外データを新たな価値を探るための指標として活用し始めている。主な社外データの最新動向と、活用時の課題をまとめた。

 企業にとって有用なデータは必ずしも社内にあるとは限らない。社外に目を向ければ、有料/無料の別はあるものの、利用可能なデータが数多く存在する。官公庁や自治体が保有する公共データの公開が進み始めたほか、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアへの投稿データ、モノの状態を読み取るセンサーデータなどが急増している。

 企業は、これらデータの動向をとらえ、自社に価値をもたらす可能性を探り、社外データも積極的に取得・活用できる体制を整えたい。以下では、主な社外データの最新動向を整理する。

公開進む公共のオープンデータ、省庁の垣根越えた取り組みに期待

 オープンデータは、政府や官公庁、地方自治体が保有する統計/調査情報などを再利用しやすい形で公開するものだ。経済産業省の推計よると、国内におけるオープンデータの経済効果は年間5100億円。中でもマーケティング市場が1700億円と最も大きく、市場や顧客の動向分析におけるオープンデータの活用が見込まれている。

 政府は現在、地理空間、防災、予算といった情報を優先的に公開する準備を進めている。API(Application Programming Interface)や利用ルールを含め、企業が利用することを想定した環境を整備する。米国の「data.gov」に相当するオープンデータのポータルサイト「DATA.GO.JP」も2013年12月より試験運用を開始し、14年から15年にかけて本格稼働さえる計画だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連キーワード

オープンデータ

関連記事

急速に増え始めた外部データ、動向把握し積極的な活用をオープンデータやソーシャルデータ、センサーデータといった社外のデータ量が急増している。新たなビジネスの創出や既存事業の強化を模索する企業は、これら社外データを新たな価値を探るための指標として活用し始めている。主な社外データの最新動向と、活用時の課題をまとめた。

PAGE TOP