[インタビュー]

「分散するシステムをUTMで守る」米WatchGuardの製品担当ディレクター

2013年12月24日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

クラウドやモバイルの普及に伴い、情報システムを取り巻くセキュリティの脅威が高まっている。そうしたなか、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)機器ベンダーとして中小企業を主要顧客にしてきた米WatchGuardが、大手・中堅を含め採用企業数を伸ばしているという。米本社のプロダクトマネジメント担当ディレクターであるロジャー・クローレス氏に、企業ニーズの変化や同社の取り組みなどを聞いた(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

米WatchGardでプロダクトマネジメント担当ディレクターを務めるロジャー・クロレス氏
米WatchGuardのプロダクトマネジメント担当ディレクター
ロジャー・クローレス氏

――顧客数を伸ばしていると聞く。

 従来の中小企業中心から、中堅・大手企業へと広がっている。具体的には、大学などの教育機関や、ホテル、レストラン、CVS(コンビニエンスストア)、飛行場などでの導入が増えている。日本市場の売り上げも、前年比30%増で成長している。

 成長理由の1つが、セキュリティの脅威が複雑化かつ複合化していることがある。単純にウイルスに感染するという時代は終わり、感染後に社内の情報を外部に流出させるようになったことで、DLP(data loss prevention:情報漏えい対策)が重要になってきた。

 さらに今は、CryptoLockerに代表されるランサムウェアも頻発するようになっている。ランサムウェアは、コンピュータ内のデータを暗号化してしまい、これを“人質”に金銭を要求するマルウェアの一種だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

「分散するシステムをUTMで守る」米WatchGuardの製品担当ディレクタークラウドやモバイルの普及に伴い、情報システムを取り巻くセキュリティの脅威が高まっている。そうしたなか、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)機器ベンダーとして中小企業を主要顧客にしてきた米WatchGuardが、大手・中堅を含め採用企業数を伸ばしているという。米本社のプロダクトマネジメント担当ディレクターであるロジャー・クローレス氏に、企業ニーズの変化や同社の取り組みなどを聞いた(聞き手は志度 昌宏=ITLeades編集部)

PAGE TOP