[調査・レポート]

セキュリティソフトの国内市場規模は前年比6.2%増の2024億円 IDC予測

2013年12月25日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2013年12月24日、情報セキュリティ製品について、2013年~2017年の国内市場予測を発表した。

 調査では、情報セキュリティ製品の国内市場予測を「ソフトウェア」「SaaS」「セキュリティアプライアンス」の3分野に分けて分析した。同社の報告によれば、2013年のソフトウェア製品の市場規模は、前年比6.2%増の2024億円。SaaS(Software as a Services)製品は前年比18.8%増の105億円。セキュリティアプライアンス製品は前年比10.9%増の357億円。

図:国内情報セキュリティ製品市場 セグメント別売上予測、2012年~2017年

 ソフトウェア製品の売り上げを牽引しているのは、アイデンティティ/アクセス管理、エンドポイントセキュリティ、Webセキュリティなど。2014年以降も、クラウドサービスやモバイル端末の利用拡大によって、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティが継続的に需要を拡大する。また、標的型攻撃の増加によって、脆弱性管理のニーズが高まると見る。2012年~2017年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.5%。2012年の1906億円から、2017年には2381億円に拡大する見通し。

 SaaS型セキュリティソフトウェア市場は、アイデンティティ/アクセス管理と、エンドポイントセキュリティに加え、メールセキュリティで需要が高まっている。2014年以降は、運用管理負荷の軽減や、災害時の事業継続を目的としたニーズが拡大すると予測する。2012年~2017年のCAGRは13.8%で、市場規模は2012年の88億円から2017年には168億円に拡大する見込み。

 国内セキュリティアプライアンス市場は、IDS/IPS(Intrusion Detection System/Intrusion Prevention System)、UTM(Unified Threat Management)の需要が伸びた。2014年以降は、モバイル端末の普及に伴いリモートアクセスのセキュリティ基盤強化が伸びる。また、未知の脆弱性を狙うゼロデイ攻撃に対応するため、ファイアウォール/VPN(Virtual Private Network)やUTM、IDS/IPが成長する。2012年~2017年のCAGRは6.3%で、市場規模は2012年の322億円から2017年には437億円に拡大する。

関連記事

セキュリティソフトの国内市場規模は前年比6.2%増の2024億円 IDC予測IDC Japanは2013年12月24日、情報セキュリティ製品について、2013年~2017年の国内市場予測を発表した。

PAGE TOP