[新製品・サービス]

ロボット企業を相次ぎ買収した米Google、ビッグデータ活かした「スマートマシン」が視線の先に

2013年12月26日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

米Googleがロボット関連技術を持つ企業を次々と買収している。その背後にはどのような狙いがあるのか。視線の先にあるのが、ビッグデータを活かしたスマートマシンだ。  

参考資料:Youtubeに掲載された「BigDog」の映像
参考資料:同「Cheetah」の映像
参考資料:DARPA Robotics Challenge TRIALS 2013の映像

 荒涼とした山岳地帯を自在に駆け回るロボット、2足歩行どころか飛び跳ねたり、前転したりできるロボット──。そんなロボットがすでに誕生している。状況認識や推論、自己学習といった知的な能力が、そこに加わるとどうなるだろうか?ある面では人間を超える、あるいは置き換える存在になることは間違いない。いわゆるスマートマシン(知性を持った機械)である(関連記事)。

 その生みの親になろうとしているかに見えるのが米Googleだ。軍事ロボットの有力企業であるBoston Dymamicsを買収したことが、12月初旬に明らかになった。Boston社の技術がどれほど高度な動作であるかは、動画の「BigDog」や「Cheetah」を見れば、一目瞭然。日本のあるロボット専門家は「外から物理的な力が加わっても転倒しないBigDogの制御は、我々から見てもすごい」と言い切る。

 Googleは過去半年間に、日本のロボットベンチャーであるSHAFT社(図1)を含む7社を買収済み。例えばSCHAFT社は東京大学のロボット研究者などが2011年に設立した企業。人間に近い2足歩行ロボットを得意とする。DARPA(米国防高等研究計画局)が主催した「DARPA Robotics Challenge TRIALS 2013」において、完全優勝した。

 これら以外に買収したのは、Schaft、Industrial Perception(ロボットアーム)、Redwood Robotics(ロボットアーム)、Meka Robotics(ヒト型ロボット)、Holomni(アクチュエータ)、Bot & Dolly(ロボットカメラ)、Autofuss(画像処理)の6社。各社のWebサイトはトップページを除き停止されているが、世界的に見ても先進的かつ高度なロボット技術を自社に集積しつつある。

図1 SCGAFT社のトップページ

関連記事

ロボット企業を相次ぎ買収した米Google、ビッグデータ活かした「スマートマシン」が視線の先に米Googleがロボット関連技術を持つ企業を次々と買収している。その背後にはどのような狙いがあるのか。視線の先にあるのが、ビッグデータを活かしたスマートマシンだ。  

PAGE TOP