[技術解説]

【ベンダープレゼンテーション】NECのビッグデータ活用支援策

2013年12月26日(木)NEC ビッグデータ戦略室

企業がビッグデータの利活用を推進するには、ベンダーが提供する支援策などを利用するのが一案だ。ではベンダー各社は、具体的にどのような支援策を用意し、企業のビッグデータ活用を後押しするのか。今回、主要ベンダー7社の担当者に自社の取り組みを解説してもらった。ここではNECの取り組みを紹介する。(編集部)

コンサルティングサービス~クラウドを使った検証環境を提供

 NECでは2012年7月より、ビッグデータ活用を支援するコンサルティングサービス「ビッグデータディスカバリープログラム」を提供する。新規事業創出、売上拡大、業務改革などの目標とデータの活用方法を明確化し、具体的にどの製品を使うのか、どのデータを用いるのかなどを顧客とともに検討する。

 当社がこれまで培ってきた業種や業務向けのコンサルティング、BI/BA/DWHシステムの構築に関する実績やノウハウを活かす点が強みである。これらに加え、分析精度を高めるための独自技術を各種用意。データ活用の効果をもたらしやすくする。

 ビッグデータディスカバリープログラムは、次の3つのフェーズを踏む(図1)。

図1:ビッグデータディスカバリープログラムの概要

フェーズ0:ビジョニング
 当社が蓄積する過去の活用事例を参考にして、顧客が描くビジョンや目的などを顕在化する。どの業務のどんな課題に対処するのかを決めるとともに、プロジェクトを主導する組織体制の確立を支援する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

【ベンダープレゼンテーション】NECのビッグデータ活用支援策企業がビッグデータの利活用を推進するには、ベンダーが提供する支援策などを利用するのが一案だ。ではベンダー各社は、具体的にどのような支援策を用意し、企業のビッグデータ活用を後押しするのか。今回、主要ベンダー7社の担当者に自社の取り組みを解説してもらった。ここではNECの取り組みを紹介する。(編集部)

PAGE TOP